The Very Best Of Shakatak―Shakatak

かつて一世を風靡したフュージョングループ「シャカタク」のベスト盤。軽い、ノリだけ、と「フルーツケーキ」とさんざん言われたが、しゃれた都会的なセンスは、今も健在のようだ。

ベスト・ヒッツ

シャカタクといえば、「Night Birds」。これだけは聴いたことある!という人も多いはず。個人的には、後半のピアノ・ソロが好きだ。次は「Invitations」。これも準ヒット級だろう。今となっては聴き慣れない曲も多いが、いずれもノリよくセンスのいいものばかりだ。

それにしても、「シャカタク」って、どういう意味なんだろう?

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。