インターネットセキュリティがいなくなる!?

とりあえず使っているソースネクストの「インターネットセキュリティ・ゼロ」。いつの間にか、いなくなっていることに気が付いた。タスクトレイにアイコンが出ているが、ダブルクリックしても設定画面が開かないし、右クリックしても意味のあるメニューが出てこない。気になって調べてみたら、何もしていない。メールのスキャンもしていない。えらいこっちゃ、いつからだろうと思ったら…。

そういえば、2月頃に、Windows Vista対応のアップグレードをシリアルナンバー順に順次行っていく、とか言っていた。順番が回ってきたのか、案内が出たので、案内に従ってアップグレードを行おうとした。だが、重要なことに「インストールしたユーザで行って下さい。」とある。インストールしたユーザが何かなんて、はっきり言って覚えていなかったので、いつも使っているユーザ(もちろんAdministratorsグループのユーザ)で続行した。すると、アップグレードに失敗してしまう。

もしかしたらとAdministratorユーザでログオンし、アップグレードを行ってみると、これだとうまく進む。アップグレード完了のメッセージが出て、とりあえず使えるようになったはず、と思ったら「何もしていない」状態になった。何が悪かったのかわからないが、多分、最初に「インストールしたユーザ」でないユーザ(ややこしいな)で作業を途中まで行ってしまったのが敗因だろう。

というわけで、こういうときはすべてをやり直すに限る。「インターネットセキュリティ」をアンインストール、CDから再インストール、パッチ当て、アップグレードを一気に行ってしまう。今度はうまく行くかな、と思ったら少しこける。いつも使っているユーザでは、ログオン後に起動するものが多すぎて、その干渉があるのか知らないがうまく行かないことがあるようだ。なので、普段はまったく使っていないAdministratorユーザでログオンし、インストール、アップグレードを行う。今度はうまく行ったようだ。

インストールしたのはAdministratorユーザ、これを忘れないようにしないと。それにしても、何も問題がないはずなのに、タスクトレイのアイコンに付いたバッテンが気になる…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする