the 2007 Microsoft Office Systemだったか、増えてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

何度読んでも聞いても書いても正確な記述を覚えられないのだが、MicrosoftのOfficeスイートであるthe 2007 Microsoft Office Systemが普及し始めたようだ。最近、メールに添付されてくるOffice系の文書の拡張子に、「x」が付き始めたのである。Microsoft Wordの文書なら「.doc」、Microsoft Excelのブックなら「.xls」といった拡張子なのだが、これが「.docx」「.xlsx」となっているのだ。ASP.NETの「.aspx」といい、Microsoftは本当に「x」がお好きなようだ。そういえば、例のゲーム機も、「X」であったなぁ。

Hananira_01 殺風景なので、花。ハナニラ。

私の使っているのはOffice XPすなわち2002なので、2バージョン前ということになる。当然、「x」の付いたファイルは開けないのである。開こうとすると、こうなる。

Office_compatible_pack_01 クリックすると拡大します(する?)。

離れたところにはOffice 2007(面倒なのでこうする)のインストールされたWindows Vistaマシンがあるので、これを使ってファイルを読み込み、変換という方法もあるのだが、毎度毎度だと面倒なので、コンバータをインストールして手持ちのOffice XPで読み込めるようにした。

インストール自体は、上記の画面で「はい」を選べばいい。するとMicrosoftのサイトにつながりブラウザが開くので、そこでファイルをダウンロード、インストールすればいい。すでにOffice系のアプリケーションが起動していてもいいし、Windowsの再起動も必要ない。終われば、普通にファイルをダブルクリックすれば、「変換中です」のメッセージとともにファイル形式が変換して読み込まれる。読み込んだら、そのまま保存すればOKだ。

Office 2007では、ファイル拡張子を変えなければならないほどのファイル形式の変更を受けたようだ。今まで、一貫して同じ拡張子を使ってきたのに、なぜ変えるのかというと、やはり市場へのアピールという点もあるだろう。Office 2007形式のファイルには「x」が付くので、否応にも目に付く。明示的に変換ツールをインストールしないと使えないなど、かなりの印象効果だ。面倒なので、Office 2007にリプレースしてしまえ、と思う人も出てくるだろう。

私自身は、正直Office 2003, 2007にはあまり魅力を感じないので、このままだろう。何しろアップグレードと言えども高いし、望むのはもっと安定動作して欲しい、というところだからだ。それにしてもハードウェアがこれだけ安くなっている今、MicrosoftのソフトウェアはOS、アプリともに高いんじゃね~の?と思うのは私だけか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。