新レッツノート再始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

修理から帰ってきた新レッツノート(CF-Y7A)は、「何にも問題がない」という前提で本日から再始動を開始するのであった。徐々に、注意深く環境を作り上げていって、もし問題が起きればその問題が何に起因するのか、検証するつもりだ。

まずは、標準搭載のメモリ1GBに加えて、1GB増設して2GBにしておかねば!と思い以前から装着していたアイオーデータ機器のメモリ(LDX-533-1G)を装着した。で、起動してしばらく使っていて、日本語入力のかったるさに嫌気が差して、MS-IMEのモードをATOK互換にしようと思いプロパティを呼び出そうとしたら、

いきなりブルーバックになりました。orz

あのPanasonicの神戸工場でも再現できなかったブルーバックが、こうもいとも簡単に再現できるとは…。そうか、もしかしたら増設メモリに問題が?ありえる話ではあるので、Windows Vistaの持つ「メモリ診断ツール」にてメモリを検査してみることにした。

「メモリ診断ツール」を使うと、いったん再起動がかかり、テキストモードでメモリのチェックをしにいく。結論。「問題なし」そうだろうね、そんなに簡単にメモリに問題が出たら、「不意を突かれてブルーバック」とか、そんなふうにはならないだろうからね。おそらく、ひょんな拍子で何かが起きるのだろう。と結論付けて、増設メモリの問題なら、増設しない状態では問題が起きないはず、と標準の1GBのままで環境の構築を行っていくことにしたのであった。

次回、まずは最初に必要になるメール環境の構築を行ってみることにする。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。