新レッツノートにShurikenをインストール

帰ってきた新レッツノート(CF-Y7A)に、メール環境を構築する。私の愛用しているメールソフトは、ジャストシステムのShurikenである。今回、Vistaに最初から対応している2007をインストールするのだ。

Just MyShopへ Shuriukenの情報はこちら。

Shuriken自体のインストールは訳なく終わるので、問題は「今まで使っていたメールデータの移行」ということにしよう。マシンやOSを取り替える場合、面倒なのがこの作業である。だが、Shurikenはこのあたりが非常に楽にできているのだ。通常なら、メールアカウントのデータをレジストリからファイルに書き出し、保存。メールデータの保存されているフォルダの内容をバックアップ、などと面倒であるのだが、Shurikenの場合は「バックアップ」機能を用いてすべてのデータをファイルに保存できる。OSを切り替えたりする前に、バックアップ機能を使って保存を実行しておけば、とりあえず最終状態のまま、いつでも復帰できる状態に保存できる。

保存したデータは、新しいOS上でShurikenをインストールした後に、まずは一回は立ち上げて初期状態のメールデータを作成させた後に、「ユーザー管理ツール」から復元を行えば一発で元の状態に戻る。メールアカウントを登録しなおす必要はないし、振り分け条件も下のまま、迷惑メールの学習状況もそのまま引き継げるのだ。事実上、何も気にせずに作業を続行できる。このあたり、非常にうれしい機能だ。

実は、Shurikenにこんな機能があったとは知らず、それまではメールアカウントを手動で復元(要するに再設定)し、メールデータのフォルダも手動でコピーしていたのだ。この作業は、実は非常に面倒で、メールアカウントごとの内部的な番号を元の状態に合わせてきちっと設定しなければならない。そのため、適当に作ってあとでメールの内容を見ながらアカウントを識別し、情報を設定していくなどという回りくどい方法になるのだ。これが全部省略できる。

新レッツノートの検証というよりはShurikenのバックアップ機能の紹介のようになってしまったが、案外とこれを書いておいたほうがよいと思ったので書いてみた。今のところ、Shurikenではまったく問題が起きていない。ますますメモリに対する疑惑が濃くなってきた。

次は、日本語環境を整えてみようかと思う(MS-IMEにはイライラである)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。