ライブラリー―大貫妙子

大貫妙子 ライブラリー

「いつも怒ってるのね。」突然言われて、はっとなった。「怒っているだけなのと、怒(いか)りの気持ちを持つのは別よ。」とも言われた。そうなのだ、ここのところ、何かと怒っている。世の中に起きること、仕事関係、家の中、怒ってばっかりだ。自分には正当な理由があるのかと思っていたら、どうやらそうでもないらしい。怒っている人を見るのは、誰も楽しくないらしい。

「Happy-go-lucky」。のんきに、気楽に、楽天的に。大貫妙子さんのベストアルバム「ライブラリー」に収録されている曲だ。怒っているときは、この曲を思い出す。スローテンポな16ビートのこの曲、主なフレーズは4つだけだ。いつも何かに怒っている自分がばかみたいだ。気張らず、焦らず、肩に力を抜こうよ。そんなことを言っているように聞こえる。

明るく朗らかに行こう。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。