虫歯治療継続中!(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

もうすでに4回目の通院になるのであった。状態が安定してくると、さぼりの虫が目をさましたりするのだが、そんなことは言っていられない。こんな中途半端な状態では放置できないし、根がまじめな(?)私はそんなことはできないのであった。

今日も、午後の診療開始と同時に予約を入れて、行ってきた。ただ今回は、今までと状況が違う。何しろ、今週に入ってから「口内炎」ができてしまい、拡大の一途をたどっているからであった。よりによって場所は下唇の裏側。ここは、先生が指を突っ込むときに指と歯に挟まれる箇所である。そういえば、前回の激しい治療の際に、けっこうぐりぐりされた部分である。そのときのちょっとした傷が口内炎に拡大したのだろうか?

受付で診察券と、月が変わったので保険証を出して、呼び出しを待つ。ほどなく呼び出しがかかり、中に入る。毎回、違う場所に案内されているような気がする。また、場所によって、流されているビデオが違うような気がする。今日は、自然の王国といった感じで、食う者、食われる者、といった身も蓋もない内容であった。ワニとオグロヌー、クマとサケ、ヤゴとブヨの幼虫、そんな感じである。個人的には面白いと思ったが、実際には見ているヒマなどないのであった。

最初に、先生に口内炎のことを申告しておく。先生曰く、心配ないです、体調やらなんやらで出ることはありますから。いえ、違うんです、治療の際にできればそこに刺激を与えないで欲しいなと。それは果たして伝わったのか、微妙なすれ違いを残したまま、いつもどおり、最初にパイナップル味の麻酔薬が塗られるのであった。

前回は、麻酔は一気呵成という感じだったが、今回は結構休憩が入るのだ。塗ってしばらくお休み、1回目の注射のあとにお休み、2回目の注射のあとにもお休み。その間、先生は忙しく別の患者さんのところを飛び回っているのだ。何だか「ブラックジャック」にそんな話があったような気がしたのを思い出した。基本的に医師は2名で、治療台は6台のようだから、歯科助手や歯科衛生士がカバーできない患者が多いときは、必然的に掛け持ちになるのだろう。

さて、麻酔も効いたところで詰め物を外すところから始まる。そういえば、今回の麻酔は、2回目のものが外側から、あと内側から、計2回実施されたのだ(とするとつごう3回?)。内側の歯茎からの注射は、けっこう痛い。不意打ちなのでびっくりしたが、今回治療する箇所には必要なものなのだろうか?

詰め物を外す際に、案の定先生の指は私の下唇を圧迫し、口内炎の箇所が歯に当たるという最悪の状況となった。そのたびに目をしかめるので、先生が勘違いして歯の方が痛むのかと思い、「何か感じますか?」と聞いてくる、感じるも何も痛いです。しようがないので指で唇を指さすと、「あ、そうかそうか。」と、おぼえていて下さいよ、先生。

ということで、長くなりそうなので、続く。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. sirube より:

    突然のコメント失礼致します。
    失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
    http://sirube-note.com/dental-hygienist/
    もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
    http://sirube-note.com/dental-hygienist/link/register/
    今後ともよろしくお願い致します。
    jyKBzZM1

  2. kana より:

    最新の環境ビデオに凝るなら、まずレーザーくらい完備しとけよ、といいたいですな。
    レーザーがあれば、口内炎ならその場で焼く(?)のですぐに楽になるのですが。
    レーザー当てて、アフタゾロンを塗ったら、とりあえず楽に治療できるような。
    大事な患者さんですから、治療する側も細心の注意を払って「痛い思い」をさせないのが一番でしょうが・・・。
     

  3. なおさん より:

    kanaさん、
    レーザー治療!
    そういうのがあるのですか。
    レーザーと聞くと「レーザー光線」とか連想して、思わず打ち抜かれてしまいそうですが、やります?と聞かれてもすぐにはOKできなさそうな…。
    「痛い思いをさせない」というのが、歯に気持ちが集中していて、その他が頭から抜けてしまいそうな感じですな…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。