市民の森巡り(番外編)―横浜自然観察の森(8)

まだまだ続く7月26日の撮影行。「横浜自然観察の森」、今回は「ウグイスの道」を進むのであった。

Yokohama_nw_56

「ジャノメチョウ」。

Janomecho_09

「オオシオカラトンボ」(♂)。

Ooshiokaratonbo_11

「イオウソウ」こと「クサレダマ」。何という名前を持つ花なのか!

Kusaredama_01

小川を渡って進む。

Yokohama_nw_57

「オオシオカラトンボ」(♀)。

Ooshiokaratonbo_12

急な下り階段。こともあろうに、私は足を滑らせ落下して、腰と背中をしこたま打った。どうなることかと思ったが別状はないので、そのまま続行。シャツがダメになった。

Yokohama_nw_58

「オオコフキコガネ」。人につままれると死んだふりをする。

Ookofukikogane_01

「マダラカマドウマ」。私の嫌いな虫である。こいつが家の中に出てくるともうダメである。

Madarakamadouma_01

「ミズキの谷」の池。手前には野鳥観察用の小窓の付いた台がある。

Yokohama_nw_59

「ミズキの谷」の「ショウジョウトンボ」。

Shoujou_tonbo_05

次は、ここから「ミズスマシの池」に進む。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 野の花 より:

    小さな生き物たちが我も我もと、なおさんのカメラに収まりたくて出て来ているような・・・そんな気さえして来る役者の多さですね。みんな個性的で、素敵な役者です。お体は大丈夫でしたか?落ち葉の積もった土の道は、湿っていて恐いですよね。

  2. なおさん より:

    野の花さん、
    丸太を模した石の階段なのですが、表面は案外と滑りやすいのです。雨が前々日あたりまで降っていたと言うこともありますし。
    油断大敵です、下手すれば歩行不能、気を付けねばと思いました。