PSP版GRAN TURISMO!(1)

久々にゲームネタだ。ゲームの話は、やっぱりこっちに書こう。この夏からPSPユーザーなのだが、ソフトはほとんど持っていないのだ。なので、10月1日にこいつが発売になると聞き、迷わず予約注文したのだ。

グランツーリスモ
グランツーリスモ

posted with amazlet at 09.10.03
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-10-01)
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 3.5

4 『ゲーム』としては楽しめないかも
5 GT5までのつなぎ
5 物足りなさは感じるが大満足
5 文句ありません
4 買って損は無いか微妙

実は私はGRAN TURISMO(以降GT)のヘビーユーザーである。特にGT3とGT4は、ディスクが擦り切れるまでやり込んだ記憶がある(GT5はハードがないのでやりようがない)。車好きの私にはぴったりのゲームというわけだ。

GTのことを一言で説明すると、実在(かそれに近い)車でリアルなサーキットを走り、成績や技術を競う、というものだ。賞金を稼ぎ車を購入しラインナップを広げていくという楽しみと、レースを制覇してより上位のレースに挑戦していく、という楽しみがある。いわばRPG的な要素を持ったレースゲームというわけで、ゲームというよりはシミュレーターと呼ぶのが正しい。

PSP版GTは、基本的にGT4と同等のスペックと見てよいようだ。車種は800種、サーキットは35種、戸打った具合に、かなり楽しめそうだ。難は、画面が狭いというところだろうか?携帯機なのでしようがないが、雰囲気だけでも楽しめればいい、と思っている。

Psp_gt_01

さて、予約すれば、初回特典として「スペシャルカラーモデル」がダウンロードできるコードが付いてくるという。パッケージを開封すると、中からコードの印刷されたカードが2枚出てきた。2枚とは思わなかったので、少々得した気分だ。ちなみに、入っていたのは以下のモデルだ。

  • ランボルギーニカウンタックLP400(オレンジ)
  • シボレーコルベットZR1(ホワイト)

外国車にはあまり興味がないので残念だが、ゲームを始めたらさっそくダウンロードしてみようと思う(欲しいものは欲しいのだ)。だが、いきなり強力なモデルが手に入ると、レースの展開が楽になってしまう可能性もあり、微妙なところだ。

Psp_gt_02

さて、休日でもあるしさっそくゲームを始めたいのだが、なんたることかPSPのバッテリーが完全に上がっていた。まったく使わずに放置しておくと、いつの間にかバッテリーが上がっていることがあるので要注意だ。GTを遊ぶには、PSPのファームウェアをバージョンアップする必要があることもあるらしいが、今回はそれに該当してしまった。バッテリーが充電されていないと、アップデートできないと言うことだ。なので、充電中は遊ぶのはお預け、ということだ。

というわけで、回を変えて、ちょっと遊んでみた感想などを書いてみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。