Windows 7の環境整備―基本ツールを入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Windows 7のインストールが完了したら、それまで使っていたWindows Vistaの環境を復活させるという作業に移行したい。そのためには、まずは基本的なツールをインストールしよう。基本的なツールとは、ファイル転送ソフト、テキストエディタなどである。

7_install_08

大量に溜まっているユーザーファイルを復帰させるには、ファイル転送ソフトが不可欠である。そんなもの、エクスプローラでコピーすればいいじゃん!と思うあなた、それは甘い。Vistaでは、大量のファイルを一気にコピーしようとすると、不可解な出来事が起きるという記憶がある(新規にコピーしてるのに、上書き確認などが出てくることなど)。7でも、これがないとは限らないので、専用のアプリケーションを用いようというわけだ。

私が愛用しているのは、CopyToというシェアウェアである。詳しくは、下の記事を読んでもらうとして、ファイルのコピー、バックアップ、同期などが自由にできる優れものだ。これを入れておけば、ファイルの復旧については、ほぼ問題がない。

CopyToというソフト

あと、テキストエディタを入れよう。Windowsでは、標準として「メモ帳」が備わっているが、伝統的に進化していない。シェアウェアなどで流通しているテキストエディタを入れておくと、いざというときに慌てないで済む。私の愛用しているのは、「秀丸エディタ」である。何しろ、OS/2のときから愛用しているのだ。それにもかかわらず記事は書いていないので、直接リリース元を紹介する。

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタ

秀丸エディタでは、さまざまな設定を引き継ぐのが楽だ。基本的な環境設定や、ファイル拡張仕事の細かな設定など、もう一度やり直すとなるとうんざりする。そのため、秀丸エディタには、環境の保存と回復の機能がある。つまり、Vistaを使用している状態で環境をファイルに保存し、7を使い始めて秀丸エディタをインストールしたら、そのファイルから復旧すればよいのだ。非常に簡単だが、ついつい忘れがちだ。

上記の2つのソフトウェアはシェアウェアである。今どき、こういうツールにお金を払うなんて、という向きもあるだろう。だが、自分の手足となって働くソフトウェアには、何らかの対価は支払うべき、と思っている。それは金銭でなくてもよいし、別の形の貢献でもよい。そうでないと、ソフトウェアは誰も作らなくなってしまう。

ということで、徐々に環境をVistaのときのものに復旧させる作業を継続していきたい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。