こんにちは第6世代iPod(2)

iPodネタが続きます。昨日に続いて、第6世代iPodについて書きます。非常にコンパクトな外箱であります。寝かせれば、マカーの好きなAppleのロゴ。そして右にはiPod Classicのロゴ。これがうれしいんでしょうね。

Ipod_sixth_02

フタを外してみました。中から、黒い本体が姿を現します。それにしても、なぜ黒なのか?ということなのですが、黒は最近出た新しいモデルだということ、個人的には黒が好きだというのもあるのですが。ちなみに他の色は、シルバーで、オーソドックスです。昔あったホワイトは、今はないようです。

Ipod_sixth_03

本体(フォルムでカバーされています)をどかすと、ベロのようなものが?ここを引っ張ると、本体収納のトレイがすぽっと外れます。このあたりの気配りは、Appleらしいですね。

Ipod_sixth_05

トレイを外すと、コネクタ類が出てきます。ドックコネクタ、イヤフォンなど。かつての豪華な装備品に比べると、すごい質素です。

Ipod_sixth_04

マニュアルもシンプル。そう、今はCDなんて付いていません。ソフト(iTunes)は、ネットでダウンロードして下さい、という潔さです。

Ipod_sixth_06

ということで、今回は本体のパッケージを紹介しました。次は、いよいよ何とかしてみましょう(何を?)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。