新レンズと金沢自然公園を歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

昨日の続きです。新レンズと歩く旅、最終回の今日は、「峯市民の森」から戻り、「金沢自然公園」に戻ってからを紹介します。

峯市民の森巡り(At Mine civic forest, Japan)

急勾配、長い上り道を見て愕然とする子供。

実は、「氷取沢市民の森」から「峯市民の森」へ進むには、かなり下りの道を歩きます。これはつまり、帰ってくるときにはその分上るということです。これはけっこうきつい旅でした。

撮影には、キヤノンEOS 40DキヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USMを使いました。(リンクから、「新館」の紹介ページへ移動します)。

「峯市民の森」からは、遊歩道を通って、上記の急勾配の道を上り、「氷取沢市民の森」に戻り、来た道を戻って「金沢自然公園」へ辿り着きました。

「シダの谷」です。日向(宮崎地方)のミズキ、という意味でしょう。

金沢自然公園のヒュウガミズキ(Hyuga giant dogwood at Kanazawa Nature Park, Japan)

カエデの芽です。鳥が飛び立つようにも見えますね。

金沢自然公園のカエデ(Maple at Kanazawa Nature Park, Japan)

ヤブランに似た、ノシランの実です。ノシランは、空きに白い花を咲かせます。

金沢自然公園のノシラン(Ophiopogon jaburan at Kanazawa Nature Park, Japan)

「シダの谷」を抜けました。すると、ふつうの親子連れとかがいます。何だか、小野田少尉の心境です。違う世界に帰ってきた、という感じです。

この季節の金沢自然公園は、菜の花畑が満開になります。

金沢自然公園の菜の花(Rape at Kanazawa Nature Park, Japan)

今年は、写真を撮っている人が少ないような?菜の花は、花壇じゃなくて畑なんですね。

金沢自然公園の菜の花(Rape at Kanazawa Nature Park, Japan)

高速側駐車場にあるサンシュユの花です。

金沢自然公園のサンシュユ(Dogwood at Kanazawa Nature Park, Japan)

これで、この日のシリーズは終わりです。

レンズの力試し、という感じでしたが、私は大満足の日でした。

春本番、夏に向けて、毎週のように、このようなシリーズを続ける予定です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 野の花 より:

    やっぱり自然はいいですね。私も昨日、自然を満喫しました。今まさに飛び立とうするカエデの葉、すばらしい命の輝きを感じます。これからなおさんの日記ではたくさんの自然の姿が見られるのですね。楽しみです。私もたくさん自然の中に分け入りたいと思います。

  2. なおさん より:

    野の花さんも自然の中に行ってきたのですね。この季節は変化が激しく、まさに命息吹くとき、という感じがします。1日違っても拝めない風景、というものにも出会います。
    さっそく、この週末分をまとめていますので、どうぞお楽しみに。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。