真夏の瀬上市民の森(3)―昆虫とか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

8/8、釜利谷市民の森、氷取沢市民の森、瀬上市民の森のハシゴ、瀬上市民の森の3回目です。瀬上市民の森の最終回ですが、この日のシリーズの最終回でもあります。虫だけ紹介していますので、虫の苦手な人は先に進まないで下さいね。

このシリーズの記事:真夏の瀬上市民の森(1)―その前に 真夏の釜利谷市民の森(1)―お花とか(1) 真夏の釜利谷市民の森(2)―お花とか(2)
真夏の釜利谷市民の森(3)―昆虫とか 真夏の氷取沢市民の森(1)―氷取沢神社~大谷戸広場 真夏の氷取沢市民の森(2)―大谷戸広場~いっしんどう広場 真夏の瀬上市民の森(1)―お花とか(1) 真夏の瀬上市民の森(2)―お花とか(2)

瀬上市民の森の紹介:瀬上市民の森 – ザ・公園 – なおさん亭::新館

瀬上川小川アメニティ。

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

撮影は、キヤノンEOS 40DキヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USMと、パナソニックDMC-TZ10で行いました。

山の中よりは、川沿い、草むらの中に虫たちはたくさんいるようです。楽しいなぁ。
ここに出てくるオオカマキリは全部幼虫ですが、すっかり一人前の顔をしたハンターです。

瀬上市民の森のオオカマキリ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のオオカマキリ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のオオカマキリ(Segami Community Woods)

ヒメウラナミジャノメ。ウラナミジャノメより小型で、目玉の数が多いジャノメチョウです。

瀬上市民の森のヒメウラナミジャノメ(Segami Community Woods)

すごくわかりにくいのですが、ヒグラシがいます。至近距離ですと、相当うるさいです。

瀬上市民の森のヒグラシ(Segami Community Woods)

夏の水辺にはオオシオカラトンボがたくさんいます。これはメスのオオシオカラトンボ。次のはオスのオオシオカラトンボです。

瀬上市民の森のオオシオカラトンボ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のオオシオカラトンボ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のオオシオカラトンボ(Segami Community Woods)

こっちはふつうのシオカラトンボ。最近、普通のシオカラトンボの方が数が少ないような気がしますが、気のせいでしょうか。

瀬上市民の森のシオカラトンボ(Segami Community Woods)

ツバメシジミです。ツバメシジミは、後翅の先に突起があるので、ほかのシジミチョウと区別できます。翅を広げると、鮮やかな紫色です。

瀬上市民の森のツバメシジミ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のツバメシジミ(Segami Community Woods)

ムモンホソアシナガバチ。アシナガバチの仲間ですが、あの紋がなく、腹部のくびれが異様に細いです。

瀬上市民の森のムモンホソアシナガバチ(Segami Community Woods)

イチモンジセセリ。まったくおなじみのセセリチョウですね。

瀬上市民の森のイチモンジセセリ(Segami Community Woods)

チャバネアオカメムシ。すごいポピュラーな感じがするのですが、実際はあまり見かけません。

瀬上市民の森の チャバネアオカメムシ(Segami Community Woods)

フキバッタ。このバッタは、成虫になっても飛ぶほどの翅になりません。でもこれは幼虫です。

瀬上市民の森のフキバッタ(Segami Community Woods)

マメコガネ。まぁ、せっかく撮ったということで。

瀬上市民の森のマメコガネ(Segami Community Woods)

クモの仲間。お腹に大きなものを抱えていますが、卵でしょうか。

瀬上市民の森のクモ(Segami Community Woods)

渓流といえばハグロトンボです。黒い羽に、メタリックなボディ。いいですねぇ。

瀬上市民の森のハグロトンボ(Segami Community Woods)

瀬上市民の森のハグロトンボ(Segami Community Woods)

おっと、ヒメジュウジナガカメムシでしょうか。背中がユーモラスです。顔のようにも見えます。

瀬上市民の森のヒメジュウジナガカメムシ(Segami Community Woods)

こいつは昆虫ではありません。湿地の中から顔を出していたカエル君です。2cmくらいでしょうか?ちょっとの間、手乗りカエルになってもらいました。

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

瀬上池です。禁じられている釣りをしているのは、当たり前のようです。釣れないじゃないか!と悪態をつく人も…。

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

池から尾根の方に上がる方面は、鬱蒼とした森となります。

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

トトロのトンネルと呼ばれるような?

瀬上市民の森(Segami Community Woods)

このシリーズはこれで終わりです。やっぱり夏の森はいいですね。お付き合いいただいた方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. N より:

    基本、
    昆虫嫌いの私ですが、
    カマキリの格好良さには脱帽します。
    またトンボの「完全には流線的ではない」優雅さにも
    一目置かざるを得ません。
    何気にケロンも可愛いですし。
    いずれも厳しい自然界で生き抜く為、
    ギリギリ自らの種族の「カタチ」を進化させてきた神々しさを
    感じますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。