プアール茶にはまる?

最近、仕事場のデスクの上はお茶で溢れてます。もうすでに乾燥は始まっているので、少しでも水分を補給しておきたいということと、お茶が好きなので、いろいろなお茶を試してみたいということもあります。たまたま、7&IのPBにプアール茶があったので、試しに買ってみました。

Pu_ercha_01

名前くらいは知っていましたが、何でもダイエット効果があるとか?そういえば、近くのラーメン屋にもポットでおいてあったような気がします。そうか、あんな味かと何となく思い出して、さっそく淹れて飲んでみました。

う~ん、何となく臭い。

牧場に来たような、そんな香りがします。それもそのはず、プアール茶は、茶葉をかなり発酵させます。発酵させないタイプもあるようなのですが、普通に手に入るのは発酵タイプのようです。

茶の色は、コーヒーと見まがうほどの黒さです。あっという間にこの色になりますが、見た目ほど苦くはありません。苦さでいったら、ウーロン茶の方が苦いと思います。

Pu_ercha_02

ところで、プアール茶のダイエット効果ですが、どんだ誤解があるようです。脂っこい食事と一緒に、と言われますが、プアール茶自身には油の消化吸収に関与する機能はないようです。

では、なぜにダイエット効果が?ということなのですが、プアール茶の成分には炭水化物による糖の吸収を抑える機能があるとかで、それによるエネルギーの不足を脂肪の代謝で補う、ということらしいです。

これはつまり、脂っこい食事をしたらそれはそのまま吸収され、糖が足りない分脂肪が使用される、ということですね。だから、脂肪の取りすぎは案の定マイナスのようです。考えてみれば当たり前の話です。

ところで、プアール茶をいい気になって飲んでいましたら、どうも頭がうまく働かないとか、脚に力が入らないとか、変な症状が出始めました。これはやはり、糖分の不足でしょうか?不足によって脂肪が燃焼されるなら大歓迎ですが、単なる低血糖になるのがオチのようです。

何事もほどほどに、ということでしょうね。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。