酒田の塩納豆を試す

塩納豆をご存じでしょうか?実は、先日群馬の実家に行った際に、山形酒田の特産ということでお裾分けしてもらいました(山形出身なのです)。「美味しいから!」という言葉に納豆好きの私はワクワクだったのですが、はたして塩納豆とはどんなものなのでしょうか?

こんなところで購入もできるようです。

http://www.kigawaya.com/tokusan/natto.html

Shionatto_01

説明を引用させてもらいますと、「酒田では大豆を栽培する農家が多く、稲刈りの後に大豆を収穫し、自家用に納豆を作っていました。保存食として晩秋から冬にかけて仕込んで熟成させたものが「塩納豆」だそうです。」だそうです。

とても一度に食べきれる量ではないので、いったん器に移します。見てのとおり、キレイな大豆に米麹、刻み昆布が入っています。

Shionatto_02

そのままごはんにかけて食べるのがよいようなので、さっそく朝食にいただいてみました。

Shionatto_03

豆が甘いです。そうですね、煮豆を発酵させて納豆にした、そんな感じです。昆布も入っています、実際そのとおりなんですけどね。

塩辛いのが好きな私にはちょっと甘いですが、ごはんには合いますね。塩だけで味付けしてあるのがポイントですが、個人的には醤油をひとたらし、だとぐっと引き締まると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする