シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM EOが仲間入り!(その2)

もう去年の話になってしまいましたが、シグマの17-50mmレンズを購入しました(そのときの記事はこちら)。今回は、商品そのものについての紹介を書きます。

まずは外箱から中身を出してみましょう。パッケージの中身はこんな感じです。ケースに入った本体、保証書など。キヤノンのレンズケースは巾着のようなソフトタイプですが、シグマはセミソフトタイプでしっかりした感じです。そういえばタムロンレンズにはケースは付属していませんでした…。

Sigma_1750_02

シグマレンズを紹介しています:シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

ケースの中には、レンズ本体とフードがビニールに包まれて収納されています。ビニールにブランド名がプリントされていたのが、ちょっと新鮮。

Sigma_1750_03

レンズを出してみます。レンズボディはつや消しでシンプルながらもやや高級感のある造りです。

Sigma_1750_04

レンズ保護のためのプロテクターを装着します。いつもはケンコーのものを装着しているのですが、今回は別メーカーということで、フィルター専業メーカーであるマルミ光機のものを試してみることにします。パッケージは、妙にカラフルです。

Marumi_protector_01

プロテクター本体は、このようなケースに入っています。未使用時に保存しやすそうなケースです。

Marumi_protector_02

プロテクターを装着してみました。77mm、それなりの口径です。

Sigma_1750_05

フードも装着して、ボディ(EOS 40D)に装着してみました。565グラムの重量は、この手のレンズにしてはけっこうある方では。カメラとともに持つと結構ずっしり来ます(1.3kgくらい)。フードは、とあるレビューによると落ちやすいということでしたが、改良されたのかそういうことはなくしっかりした装着感でした。

Sigma_1750_06

もうすでにこのレンズで撮り始めていますが、まずは手持ちのキヤノンEF-S17-85mm F4-5.6 IS USMと比べてみたいと思います。それについてはまた後日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする