シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMとその他の標準レンズたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを手に入れてからもうじき1ヶ月になります。たいした写真は撮っていないのですが、まぁ季節がよくなれば成果もお見せできるということで、今回は他の標準レンズとの撮り比べなど、やってみることにしました。

カメラ本体はキヤノンEOS 40D固定です。手持ち撮影です。

シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM EO キヤノン用
シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(キヤノン用)

シグマレンズを紹介しています:シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

で、とりあえず近くにあったぬいぐるみなどを…。比較的暗い室内での撮影なので、全域F2.8が活きると思いますが…。ちなみに、リサイズ以外のレタッチはナシです。

Sigma1750mm_os_01
50mm ISO800 F2.8 1/50Sec(シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM)

Canon1785mm_is_01
50mm ISO800 F5.6 1/8Sec(キヤノンEF-S17-85mm F4-5.6 IS USM)

Canon50mm_f18ii_01

50mm ISO640 F1.8 1/50Sec(キヤノンEF50mm F1.8II)

全部焦点距離は50mmです。となるとキヤノンのEF-S17-85mm F4-5.6 IS USMはつらいですね。このレンズは、EOS 40Dのレンズキットに付属してきたものですが、開放値がF4.0で、しかも50mmまで伸ばしてしまうとF5.6が精一杯ということで、シャッター速度も1/8といういくらIS(手ブレ補正)を効かせたとしても、非常に手持ちとしてはきついものになってしまいました。

シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMは、さすがに全ズーム域F2.8ということなので、テレ端の50mmでもF2.8、シャッター速度1/50で撮影できました。OS(手ブレ補正)が効いているので、問題なく撮影できるレベルです。しかも後景のブタさんが適度にぼけていい感じです。

最後はオマケなのですが、キヤノンのEF50mm F1.8IIで撮影したものです。うっかり、ISOを800に固定するのを忘れてしまったのでISO640、F1.8でシャッター速度は1/50とシグマレンズと同じです。ISO800にすれば、シャッター速度を1/60以上には稼げたでしょう。しかもF1.8だけあって後景のブタさんがかなりぼけて雰囲気を出しています。

被写体的に画質がどうの、というレベルではないのですが、まずは室内撮影においてどれだけ使えるかを試してみました。こうなると、ワイド端での比較などもやってみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。