井の頭恩賜公園(自然文化園)の山野草

4月10日、東京都吉祥寺、「井の頭恩賜公園」の3回目です。今回は、恩賜公園と自然文化園で見つけた山野草です。てっきりそんなイメージはなかったものですから、すごく意外でした。

このシリーズの記事:井の頭恩賜公園の桜を堪能(1) 井の頭恩賜公園の桜を堪能(2)

井の頭自然文化園の正面入口。カラフルです。

井の頭自然文化園(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭恩賜公園の紹介:すいません、まだ準備できていません。

撮影機材の紹介:キヤノンEOS 40Dシグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMパナソニックDMC-TZ10

弁財天で見つけた、ひっそりと咲くアオイスミレ。

井の頭恩賜公園のアオイスミレ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭恩賜公園の西の方に、「御殿山」と呼ばれるあたりがあります。その麓(といっても通路脇なのですが)はけっこうな数の山野草が育てられているようでした。もちろん、自然のものではないでしょうが…。
ニリンソウ。真ん中の黄色いのはタンポポです。

井の頭恩賜公園のニリンソウ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

こっちはイチリンソウです。葉の感じがニリンソウと違いますね。

井の頭恩賜公園のイチリンソウ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭恩賜公園のイチリンソウ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

この白いスミレは、ツボスミレだと思われます…。

井の頭恩賜公園のツボスミレ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

隅っこの方に、ヒトリシズカが「一人ではない」状態で群れていました。

井の頭恩賜公園のヒトリシズカ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭自然文化園には「野草園」があって、季節の野草を集めて育てているようです。ちょうど今頃は、ここで紹介するものが見つけられました。
トキワイカリソウ。イカリソウの仲間ですが、こっちは真っ白です。その名のとおり、年中葉を付けているのでしょうか?

井の頭自然文化園のトキワイカリソウ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭自然文化園のトキワイカリソウ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

おっと、カタクリです。低地のカタクリは、このように葉がスッキリとしているのでしょうか?

井の頭自然文化園のカタクリ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭自然文化園のカタクリ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

この鮮やかな青、山野草ではないような気がします。「ニオイハンゲ」という札のそばにありましたが、まさかねぇ。

追記:この花は、ユリ科のユキゲユリ(チオノドクサ)と判明しました。

井の頭自然文化園の花(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

井の頭自然文化園の花(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

野草園からは外れていますが、ツルマサキという低木の花です。

井の頭自然文化園のツルマサキ(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

最後はアミガサユリです。ここではバイモ(貝母)と表示されていました。

井の頭自然文化園のアミガサユリ(バイモ)(Inokashira Park, Tokyo, 2011) 小さめの写真Flickr Icon

野草園といっても、ハナニラ、タンポポなどこの季節の野草に覆われているという感じでしたね。よほど注意しないと、あっという間に勢力図が変わってしまいそうです。あ、そうそう、春の七草、秋の七草などもまとめられているので、季節ではしっかりと観察できるでしょうね。
これで、この日のシリーズは終わりです。またゆっくり行ってみたいですね。桜の季節でないときに。

コメント

  1. 小鉄 より:

    こんにちは。TVなどで見かける(ドラマとか)イメージの井の頭恩賜公園ですが、意外にも野草園もあるとは、都市公園と侮れませんね。
    トキワイカリソウは実家(新潟)付近では多く自生しています。太平洋側ではあまり見られないそうで、田舎が懐かしくなりました。

  2. なおさん より:

    小鉄さん、コメントありがとうございます。
    動物園、野草園といい、実は淡水魚など水の生きものを扱った分園といい、けっこう侮れないです。
    横浜からはちょっと遠いので気軽には行けないのですが、また行ってみたいと思える場所でした。
    トキワイカリソウ…、あの青い花の正体は、さしもの小鉄さんでも正体不明でしょうか…。[E:sweat02]

  3. 小鉄 より:

    あ、あの青い花の正体...見なかったことにしたんですけど、やっぱり調べてしまいました。
    たぶん、ユキゲユリ(雪解百合・ユリ科別名チオノドクサ)ではないかと。トルコ辺りが原産のようです。

  4. なおさん より:

    小鉄さん、コメントありがとうございます。
    ユキゲユリ、なるほど、この名前で調べてみたら、青とかピンクとか白とかいろいろあるんですね。東地中海、なるほどトルコですね。
    チオノドクサ、という名前も気になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。