【横浜市民の森めぐり】夏の終わりの新治市民の森(5)—籠場から帰る(最終回)

暑さ寒さも彼岸まで。もうすっかり昔のことのよう。去る9月18日、神奈川県横浜市「新治市民の森」の5回目(このシリーズ最終回)です。今回は籠場から帰るまでです。

4回目の記事:【横浜市民の森めぐり】夏の終わりの新治市民の森(4)—田んぼと籠場

ゲンノショウコ。旭谷戸の草むらでたくさん見かけたのは一昨年あたりまで。今年はなぜか少ないようで。籠場で見たものです。

新治市民の森のゲンノショウコ(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

新治市民の森の紹介はこちら:新治市民の森 – 森と公園めぐり – なおさん亭::新館

撮影機材の紹介はこちら:キヤノンEOS 40D – カメラの部屋 – なおさん亭::新館
キヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USM – カメラの部屋 – なおさん亭::新館
パナソニックDMC-TZ10 – カメラの部屋 – なおさん亭::新館

籠場にさしかかるあたりにも、ツリガネニンジンは咲いていますよ。

新治市民の森のツリガネニンジン(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

濃い紫色の穂、イネ科と思うのですが、種類は不明です。籠場にて。

新治市民の森のイネ科の植物(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

クズの花も、けっこうキレイなものですよ。これはちょっとしょぼかったですけど。

新治市民の森のクズ(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

穴谷戸の水流で産卵するオニヤンマです。高速で飛び回るので撮るのはけっこう難しい!です。

新治市民の森のオニヤンマ(Dragonfly, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

同じく穴谷戸でコクワガタのオスが落ちているのを発見。滅多に人は通らないような場所ですが、一応待避。

新治市民の森のコクワガタ(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

ぐっと戻って向山のあたりです。白と赤のミズヒキが。

新治市民の森のミズヒキ(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

戻りに戻って池ぶちまで帰ってきました。色づいたカラスウリと、うり坊のようなカラスウリが秋の風情。

新治市民の森のカラスウリ(実)(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

オオカマキリも、これからがかき入れ時です。

新治市民の森のオオカマキリ(Mantis, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

最後は、アゲハチョウに締めていただきましょう。シラヤマギクで吸蜜中。強い風に煽られて留まっていられなくなり、飛び立ってしまいました。

新治市民の森のアゲハチョウ(Butterfly, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

これでこの日のシリーズはおしまいです。登場する顔ぶれも固定されてしまっていますが、新たな発見!に、また出向きたいです。ご覧になっていただいた方々、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする