【Mac】【iPhone】iCloudバックアップをキャンセルする

iCloudを使うと、知らないうちにiPhoneの中身がiCloud側にバックアップされるようになっています。これまでは、iPhoneのバックアップは、iTunesによるローカルストレージでした。

Itunes_105_05

バックアップの様子を見てみます。

iPhone側の「設定」から「iCloud」に進みます。下の方に進みますと、「ストレージとバックアップ」というボタンがありますのでタップします。

Icloud_01

iCloudを無料で使えるのは、5GBまでです。ですが、使用可能が341MBしかありません。これはいったいどうしたことでしょうね。「さらに容量を購入」には進まずに、「ストレージを管理」に進みましょう。

Icloud_02

4.5GBのバックアップの存在が確認できます。これをタップしましょう。

Icloud_03

最新のバックアップは「未完了」とありますね。そしてバックアップのサイズは2.0GBだと。あれ?4.5GB使っているんじゃ?とかやや不思議なものがあります。そして、「次回作成時のサイズ」は3.4GBとあります。だから、空きがなくて入らないんですかね?

Icloud_04

個別のアプリケーションの選択を外していくと、バックアップのサイズを縮小できます。「カメラロール」のサイズが2.8GBですから、写真撮りすぎ、消さなすぎですね。ですが今回は、「バックアップを削除」で、いったんスッキリしましょう。

Icloud_05

ちなみに削除すると、バックアップ機能自体、オフになります。

Icloud_06

キレイサッパリなくなりました。

Icloud_07

すべて使用可能になり、iCloudバックアップもオフになっています。

Icloud_08

このとき、iTunesに接続されていれば、そちらでもオフになっていることがわかります。

Itunes_105_06

あとは、いつでも機能はオンにできますから、バックアップするアプリやデータを明示して容量を絞ってやれば、うまい具合にバックアップに役立てそうです。写真などは、常にPCに取り込むクセが付いていれば、思い切って外してしまえばバックアップに必要な容量はグッと少なくて済みそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする