【コンピュータ】定番アーカイバLhaplusを64ビットWindowsでシェル拡張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Windows上のアーカイバとして、Lhaplus(ラプラス)を使っています。圧縮タイプごとの外部DLLが不要であったり、きめ細かな設定ができることで気に入っています。当然、Lion上で動かしているWindows 7(64ビット)でも使いたいのですが、なぜか右コンテキストメニューに「圧縮」「解凍」が出てこないのでした。

Lhaplus_01

最初は、使うソフトを間違えているのかと思いLhasa(ラサ)を動かしてみるとか、「管理者として実行」してみるとか、Windows Vistaではうまく動いているようなので互換モードを指定してみるとか、いろいろやってみましたがダメでした。

ところが、ひょんなことで「64ビット版Windowsではシェル拡張がうまくいかない」と聞き及び、調べてみましたら64ビット用のシェル拡張DLLを開発している方がいると聞き、さっそくサイトに訪れました。

Lhaplus x64 shell extension

このサイトで入手できるシェル拡張DLLをLhaplusのインストールフォルダにインストールすることで、64ビット版Windowsでも右コンテキストメニューで「圧縮」「解凍」が利用できるようになるということです。

詳しくはこのサイトに説明があるのですが、Zipアーカイブをダウンロード、適当な場所に解凍、install.cmdを実行する、で済みます。簡単です。ちなみに、install.cmdは「管理者として実行」する必要があります。

install.cmdの実行で、すんなりと右コンテキストメニューに「圧縮」「解凍」が現れて、その場で圧縮アーカイブを作ったり、圧縮アーカイブの解凍ができるようになりました。

外部DLL不要のアーカイバLhaplusといい、64ビットWindows対応シェル拡張DLLといい、便利で優秀なソフトウェアを開発されている方々には、本当に頭が下がります。せめてもと思い、紹介させていただきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。