【Mac】換装したHDDにパーティションを作成、その後

あまりに夏っぽいので、仕事しているのがもったいないですな!でも今年は夏休み返上だ〜。

タイトルだけ見ていても、何のことやらわからない記事ですな。これは、けっこう特殊な状況かと思うのです。もともとは、愛用のMacBook Pro 2011 Earlyの内蔵HDDを換装したぞ、というところから始まるのですけどね。

内蔵のHDDを、750GBから1TBに換装しました。
その際、EaseUS DiskCopyでディスク全体をコピー。
ここまでが、この記事です。

【Mac】MacBook Pro 2011 EarlyのHDDを1TBに換装する!

250GBくらい空きができるはずなので、喜び勇んでパーティション作成。
しかしなぜか作成できない。
ここまでが、この記事です。

【Mac】換装したHDDでパーティションが作成できない!

原因はBOOTCAMPパーティションか?ということで、BOOTCAMPパーティションを消してしまうために、そこを使っているParallels Desktopの仮想マシンにインポートします。インポートした仮想マシンがきちんと動くまでがこちらの記事です。

【Mac】Parallels DesktopでBOOTCAMPをインポートする!

あんたの記事は特殊すぎなんだよ!というそしりも承知で続けます。笑

インポートも無事済んで、新しい仮想マシンの動作も確認したので、BOOTCAMPパーティションを削除、新しくパーティションを作ってみます。ディスクユーティリティの出番です。

BOOTCAMPパーティションを選んで、ボタンを押して削除。

Diskutil_07

確認されますので、それでも削除。

Diskutil_08

空きができるので、+ボタンを押してパーティションを作成。ここまでは順調。適用ボタンを押します。

Diskutil_09

あらら?なぜかサイズが小さくなって、もとのBOOTCAMPパーティションと同じくらいに。Why???

Diskutil_10

この新しくできたMacintosh HD 2パーティション、普通に使えます。ですけど、拡張もできないし、作り直してもやっぱりこうなります。

こうなると、原因は750GBのHDDを無理やり1TBのHDDにコピーしたせいなんですかね。Mac OS Xはパーティション管理をGPT(General Partition Table)で行いますが、WindowsなんかではMBR(Master Boot Record)なんですよね。最悪、ゼロからやり直し!という可能性もあります。

まぁ、とりあえずBOOTCAMPに相当する空き領域はできたので、もとのような使い方はとりあえずできるぞ、ということなのですが…。いずれは解決せにゃならんね。まとまった時間が欲しい…。ああ、夏休み…(吉田拓郎風)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Eli より:

    エンジニャー的編集者のブログ管理者様

    お世話になっております。
    EaseUS SoftwareのEliと申します。
    突然のコメント、失礼致しました。

    御サイトで弊社のEaseUS Disk Copyをご記載になっていただき、ありがとうございます。

    またちょっとお願いしたいことがございますが、御サイトで弊社のバックアップソフト「EaseUS Todo Backup Home」をご紹介いただけませんでしょうか。ソフトの詳細は以下のでございますが、ご覧いただけば幸いです。

    ソフト紹介ページ:http://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html
    バージョン:8.2
    機能:ディスク・パーティションバックアップ、システムバックアップ、ファイルバックアップ、メールバックアップ、クローン
    動作OS: Windows 8/7/Vista/XP
    使い方:http://jp.easeus.com/tutorial/win-backup-home.html

    また、弊社はこのソフトは試用版もございますが、製品版のライセンスが必要がある場合、ご提供させて頂きます。

    お忙しいところをお邪魔いたしまして、申し訳ございません。
    よろしくお願いします。
    ————————————————————————————-
    EaseUS Software     http://jp.easeus.com/

    お問い合わせ       eli@easeus.com
    ————————————————————————————-