ScanSnapで検索可能PDFにするワケ

ドキュメントスキャナScanSnapの愛用者です(S1100)。私は書類をスキャンする場合、必ず検索可能なPDFにします。文字認識の時間もかかりますし、ファイルサイズも大きくなりますが、メリットの方が大きいからです。

最大のメリットは、検索可能になるということです。当たり前じゃないかと言われそうですが、実はPDFを開いて検索するというシチュエーションはそんなに多くないんですね。

検索可能にするには、以下のチェックを入れておきます。

Scansnap_30

むしろ、OSベースで検索できるメリットが大きいです。

Windowsならインデックスを作成しておけば、エクスプローラの検索ボックスにキーワードを入れて、該当語を含むPDFをすぐに探せます。

MacでもSpotlightでインデックスを作成しておけば、Finderの検索ボックスにキーワードを入れて、該当語を含むPDFをすぐに探せます。

あれ?あのときの書類のPDFはいつのだっけ…?というときに、覚えのあるキーワードを入れて検索すれば、一発で引っ張って来れます。

作成済みのPDFでも検索可能にできますから、ぜひ検索可能にして、便利にPDFを扱って下さい。

作成済みの場合はこちら:ScanSnapであとから検索可能なPDFにできるのを知りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。