ScanSnap iX500到着のお知らせ

買いました、ScanSnap iX500。ScanSnapシリーズの中でもフラッグシップマシンと位置付けられるスキャナです。

これまで愛用していたのはS1100。コンパクトさと携帯性がウリですが、大量のスキャンには向かす、断捨離作業が停滞していたのは事実。

ここは大枚をはたいてiX500を奮発し、大量の書類を一気に断捨離しようと決意したのでした。

ということで到着。素っ気いない外箱ですが、使うには関係ないのでよしとしましょう。

Scansnap_ix500_01

上ぶたを開放。奥に見えるのが本体。上に平たい箱が載っています。

Scansnap_ix500_02

平たい箱の中には、電源ケーブル、USBケーブル、ソフトウェアのディスク、保証書などが入っています。本機の電源はACアダプタなので、この電源ケーブルはACアダプタの接続用です。

Scansnap_ix500_03

右に見えるのがACアダプタです。大きい紙が入っていますが、これはA3サイズのスキャンを行うためのキャリアシートです。A3を折ってこのシートに入れ、A4サイズにしてスキャンしてもらうわけです。

Scansnap_ix500_04

外箱の感じからすると、だいぶ小さく見えます。思ったほどの大きさではありません。重さは3kg以上と結構ありますので、持ち歩きには向かないでしょう。

Scansnap_ix500_05

さて、次はソフトウェアをインストールして使ってみたいと思います。

試用編はこちら:ScanSnap iX500をセットアップする!試用する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする