自然環境保全センターのお花は夏いっぱい!(2)

海の日に訪れた、神奈川県自然環境保全センターの生き物たちの続きです、自然環境保全センターは、厚木市にある県立の自然保護施設です。

今日は、昨日に引き続き、夏を感じるお花とか、行ってみます。

夏まっただ中の自然観察園のようす。

自然環境保全センター(自然観察園)(Garden, Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

のっけからこれです。ずいぶんカラフルなトウモロコシですね。と思って食べたらダメですよ(食べる人は実際にいたそうです)。これはマムシグサの実で、この仲間は基本的に有毒です。食べたら、粘膜がただれますので、要注意。今頃は緑色のはずなんですが、すでに色づいていますね。

自然環境保全センターのマムシグサ(実)(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

自然環境保全センターのマムシグサ(実)(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

ため池の周りには背が低い、小っちゃなピンク色の花をたくさん付けた木が目に付きます。ウツギのように見えますが、ムラサキシキブです。実が付くとはっきりわかるのですけどね。

自然環境保全センターのムラサキシキブ(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

自然環境保全センターのムラサキシキブ(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

薄暗い森の中には、カキドオシのような花があります。これはハグロソウ。葉っぱが黒いわけでもないのになぜハグロソウ?陽当たりのあまりよくない場所に、群生を作りますのですぐにわかります。

自然環境保全センターのハグロソウ(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ハグロソウ

自然環境保全センターのハグロソウ(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

これが目に付くと夏も盛りかという、アキノタムラソウ。名前は秋なんですが、実際に放つに花を付けますね。こいつも、至るところに群生を作ります。

自然環境保全センターのアキノタムラソウ(Nature Environment Preservation Center, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

正体不明の花も含めて、明日にお花の第三弾をいきます。そのあとに昆虫ですね。お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。