ScanSnap iX500の紙ジャムに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ScanSnap iX500を使っていて、ついついやってしまうことがあります。それは、A3とかB4とかの大きな紙を半分に折って、それを両面でスキャンさせようということ。結果、どうなるか?

詰まります。ジャムります。紙が撚れてぐちゃぐちゃになります。

ですから、決してやらないようにしましょう。

考えてみれば当たり前ですね。50枚の連続スキャンができるのですから、折った紙を2枚の紙として扱おうとするのは当然です。

しかし、1枚目を引き込もうとしたらどういうワケか2枚目もくっついてきて、しかも片方だけという具合の悪さで、結局ぐちゃぐちゃになってしまうわけです。

センサーを傷めてしまうかも知れないので、一度懲りたら二度とやらないようにしましょう(と言いながら3度もやってしまった男がここにいる)。

未だに、片面オンリーの手差しスキャンのS1100のクセが抜けないようです。大きな紙をスキャンするときには、面倒でも付属のキャリアシートを使った方がよさそうです。

ちなみに、A3キャリアシートを使ったスキャンの記事はこちらです。

ScanSnap iX500でA3スキャンをうまく行うコツ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。