初めてづくしの江の島!(4)~奥津宮と江之島亭

まだまだ暑い日が続きますね。GWに行けなかった江の島観光(神奈川県藤沢市)の4日目です。今日は奥津宮(おくつのみや)です。このお宮だけ「の」が入るんですね。今回もWikipediaからもらった蘊蓄全開でいってみますよ!笑

サミュエル・コッキング苑を出て、右手に下る参道をひたすら進みます。なかなかいい感じじゃありませんか!

江島神社(参道)(Enoshima Shrine, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

カメラはキヤノンEOS 40D、それにシグマ17-50mm F2.8 EX DC OS USMを装着して行って参りました。

二ツ山と呼ばれるあたりで海を眺め、少し上がると江之島亭があります。サミュエル・コッキング苑内の展望灯台から島を見下ろすと、屋根に名前があるので目立ってお得な感じの食堂です。江の島にはもう30年くらい通っていますが、ここに入るのは実は初めてなんですね。なんだかいつも人が多いので、避けていたのも事実。

しかし、しらすかき揚げが食べれる店は少ない中、ここにはあるということで、入ってみることにしたのです。ちなみに、「江の島」ではなく「江之島」です。そういえば先日、TV番組の「通りの達人」で石ちゃんが訪問したそうで、写真が飾ってあります。

江之島亭(Enoshimatei Diner, Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

下駄箱でに靴を預けて、引き戸を開けて中に入れば思わず「涼し~」という声が。灼熱の外からは別天地。この日は本当に空調のありがたさを感じましたね。お客もいない店内なんて、めったに見れないでしょうね。ちなみに時間は11時半過ぎでしたでしょうか。このあと、急激に店内が埋まっていってしまったのでした。

右手にウォーターサーバーがあり、レモンフレーバーのお冷やを自由にいただけます。

江之島亭(Enoshimatei Diner, Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

江之島亭(Enoshimatei Diner, Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

生しらす・釜揚げしらす丼(通称ハーフ丼)と、しらすかき揚げ丼を注文。生しらすを出す店は増えたのですが、かき揚げを出す店は逆に減っているような…。今回は、しらすかき揚げを食べようと決めていたのでした。関東風に、揚げたかき揚げをタレに浸して出す、ちょっと味が強い感じですが美味しい。

江之島亭(Enoshimatei Diner, Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

しらす丼の方は、生も釜揚げもしらすがたっぷり。しかし、しらす丼の食べ方は悩みますね。醤油皿に生姜を入れ、生姜醤油をまんべんなくかけて食べる、という方式に自分なりに落ち着きましたが…。ツマが乗っているのも???な感じなのですが。

江之島亭(Enoshimatei Diner, Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

食べ物の話が先に来てしまいましたね。さて、奥津宮です。
御祭神は、多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)です。拝殿の天井には亀の絵があり、睨みをきかせていますので、参拝が終わりましたら見上げてみて下さい。

江島神社(奥津宮)(Enoshima Shrine, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

江島神社(奥津宮)(Enoshima Shrine, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

竜宮大神は、なぜか入れるようになっておりませんでしたので参拝できません。

江島神社(龍宮)(Enoshima Shrine, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

富士見亭を過ぎて急な階段を降りるようになると、岩場へ向かうことができます。この急な階段は人が多いとちょっと怖いのですが、この日はマイペースで上り下りできました。

江の島(遊歩道)(Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

江の島(遊歩道)(Enoshima Island, Kanagawa, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る

3つの女神さまにお参りしてお腹も膨れておりますので、岩場でちょっと遊んでこようと思ったのですが…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。