新治市民の森のトンボ3種(コオニヤンマ、マユタテアカネ、マイコアカネ)

去る9月22日のこと。横浜市新治市民の森の生き物など。だいぶ経ってしまいましたが、まだまだ紹介していきますぞ。今日は、トンボ3種。

最初は、コオニヤンマ。オニヤンマかともいましたが、背中の模様がちょっと違う…。しかも杭の上に普通にとまっている…。頭の小ささから、コオニヤンマとしました。このあと、猛スピードでクマバチを捕獲、飛び去っていきました。

新治市民の森のコオニヤンマ(Dragonfly, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:コオニヤンマ

お次は、マユタテアカネ。新治ではお馴染みのトンボです。マユというよりおひげがラブリー。

新治市民の森のマユタテアカネ(Dragonfly, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:マユタテアカネ

最後は、マイコアカネ。しかもメス。マユタテアカネのように見えますが、翅の模様が違います。翅の基部に少し色が付いています。う~ん、ちょっと自信がないです。

新治市民の森のマイコアカネ♀(Dragonfly, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:マイコアカネ

明日はチョウチョとかまとめていってみようかな、と思います。

スポンサーリンク
広告336*280

コメント

  1. itotonbosan より:

    マユタテアカネの眉紋は眉というより
    鼻の穴に見えてしまい可笑しくなってしまいます。
    腹端の突起は上に反り上がり,
    胸の黒条はぽつんと孤立した状態なので同定は楽でした。
    もっと成熟した赤いマユタテアカネを写したくなりました。

  2. itotonbosan より:

    コオニヤンマの複眼が離れているのに,
    オニヤンマの方はくっついていました。
    雄の腹端は曲がり「へ」の字に見えます。
    似ていますがサナエトンボ科で違う仲間でした。

  3. なおさん より:

    こんばんは。私の同定は拙いのですが、コメントいただきありがとうございます。
    マユタテアカネの繭は、ヒゲのようです。笑
    こじゃれたヒゲのように見えて、笑ってしまいます。

  4. なおさん より:

    こんばんは。
    コオニヤンマはサナエトンボの仲間のようです。
    名前と模様は似ていますが、実際は別の種類のよう…。
    実は私、コオニヤンマという種類がいるなんて知りもしませんでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。