新治市民の森のツリガネニンジンとワレモコウ

まだ夏のよう、はるか遡ること9月22日に訪れた、横浜市新治市民の森の生き物と花の紹介、今日は田んぼ脇のツリガネニンジンとワレモコウを紹介して、このシリーズを終わりにしますね。今頃紹介してもまったく違和感のないこの気候、一体どうなっているんでしょうね。

ツリガネニンジンは、キキョウ科の一年草です。新治では、田んぼの脇で群生をなしているのを見ることができます。

新治市民の森のツリガネニンジン(Bell Flower, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ツリガネニンジン

英語ではBell Flower。鐘の花とはよくいったものです。神は何を考えてこのような形にされたのでしょうか?

新治市民の森のツリガネニンジン(Bell Flower, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ツリガネニンジン

新治市民の森のツリガネニンジン(Bell Flower, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ツリガネニンジン

お次はワレモコウ。バラ科の一年草です。ばらの仲間には見えないのですが、近くでよく見れば、深紅のバラの花びらのような感じが見て取れるでしょう。実際には、小さな花の集合体なのですが。

新治市民の森のワレモコウ(Rose, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ワレモコウ

新治市民の森のワレモコウ(Rose, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ワレモコウ

新治市民の森のワレモコウ(Rose, Niiharu Community Woods, Yokohama, Japan)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:ワレモコウ

今度こそ暑さが引っ込めば、新治も本格的な秋に突入でしょう。そのときに現れるのは、どんな山野草と生き物か、楽しみです。まだまだ新治の自然は、楽しめそうですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。