MacBook ProのSSD+HDD化計画(1):前夜。

OS X Mavericksがリリースされました。無料なので、さっそく乗り換えたい!しかし、奇しくも、愛用のMacBook Pro(2011 Early)のSSD+HDD化を計画していたところなのでした。ならば、一緒にやってしまえ!ということで、その前夜です。

ブツは揃った!

Cfd_ssd_512gb_01

信頼の東芝製SSD使用の、CFD製品。512GBで34,000円也。1GB単価100円未満。SSDも安くなりましたねぇ。

1TBとなると、高嶺の花です。現在のMacBook Proの内蔵HDDは1TBなので(購入時の750GBから換装済み)、そのまま1TBのSSDにすれば交換するだけなのですが、1TBは8万円近くとまだまだ高い!しかもSUMSUNG製しか目に付きません。これはいろんな理由で対象外。

ここはコストパフォーマンスとその他諸々を優先して、512GBとしておきましょう。すると足りないものはどうする?ということで、こいつの出番です。

Macbay 2。内蔵DVDドライブスペースを、2.5インチ7mm厚のHDDやSSDのスペースとして利用するアタッチメントです。5,000円也。しかしこのネーミングって…。

Macbay2_01

こいつはAmazon等では手に入らず、秋葉館のオリジナルですので、そこから注文して下さい(楽天でも手に入るようです)。同じ目的の商品は海外製も含めていろいろあるようですが、整形精度や実績、オマケの点でこいつが人気のようです。

光学ドライブスペース用HDD/SSDマウンタ Macbay2 [RGH25BAY2-001] |秋葉館.com Mac専門店

要は、現在の1TB HDDをMacbay 2を使ってDVDドライブのスペースへ、空いたHDDのスペースに512GBのSSDを装着して、計1.5TBというゴージャスな二次記憶を実現しようというわけです。

もちろん、起動、アプリケーション等はSSDに入れて、ドキュメント、写真、音楽、動画などはHDDに入れておくというわけです。何という狡猾さ。

とまぁ口で言うのは簡単なのですが、やってみると大変そうですよ。まぁ、明日からやってみますけどね。

そもそもなんでSSD化?というと、仮想環境で動かすWindows 8のせいです。やはり、仮想ディスクをHDDに置くというのは、OS X側のディスクアクセスとぶつかってすこぶる負荷が大きいものです。レインボーカーソル出まくりです。

そこで、この仮想ディスクをSSDに置けば、あ~ら不思議Windowsも快調、OS Xも快調、といいことづくめなわけです。

という夢を見ているわけですが、楽しみです。では、はじめましょうかね。

追記(2013/11/2):後続の記事との整合性のためにタイトルと内容を若干変更しました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 魔改造の投稿はこちら:MacBook ProのSSD+HDD化計画(1):前夜。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。