MacBook ProのSSD+HDD化計画(7):Time Machineの設定変更。

MacBook Pro(2011 Early)のSSD+HDD化、前回まででひととおりの作業と設定は済みました。今日は、忘れてはならない設定の一つ、Time Machineの設定です。

なぜ必要か?と言いますと、SSDからHDDに「書類」フォルダなどのシンボリックリンクを張っている関係で、HDD側をバックアップから外す必要があるのです。

Time_machine_01

外さないと、二重にバックアップされることになり、容量不足で失敗します。容量が足りなければ古いバックアップを消せばいいのですが、なぜか失敗します。

そこで、HDDの方をバックアップから外します。設定自体は簡単で、「オプション」から除外対象(Macintosh HD)を追加するだけです。

Time_machine_02

これで、バックアップはうまくいくようになりました。それにしても、このタイミングで、何か起きたら最悪ですね。

Time_machine_03

バックアップは、常に最優先で考えておきましょう。

このシリーズ、もうちょっと続きます。

追記(2013/11/13):後続の記事との整合性のためにタイトルと内容を若干変更しました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。