むやみに詫びるもんじゃない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

最近、謝られる度合いが多くなったような気がします。直接的にも、間接的にも…。直接的な話は今回省きますが、間接的な謝罪とは…。特に気になるのは、通勤電車の遅延のアナウンスです。

私は、通勤電車が朝に遅れるときなどは、シンプルなアナウンスでよいと思っています。

途中駅混雑のため、約5分の遅れで運行中です。ご了承下さい。

うん、これで十分。でも怒り出す乗客がいるかも。

もう少し丁寧な方がいい場合には、

途中駅混雑のため、約5分の遅れで運行中です。お急ぎのお客様にはご迷惑をお掛けします。

迷惑は迷惑かも知れませんが、混雑なら遅れは鉄道会社だけの責任ではないから、個人的にはここまでいう必要はないと思います。

最近耳に触るのは、こんな感じです。

途中駅混雑のため、約5分の遅れで運行中です。お急ぎのお客様にはご迷惑をお掛けします。お詫びいたします。

最後のお詫びは余計だっつーの。何だか、とにかく謝っておけという感じが伝わってきて、非常に不愉快なんですね。でも「謹んで」とかつけないだけマシか。でも、こうやって謝られなければ不愉快だという人も多いんでしょう。

合理的に考えれば、下手なお詫びより、遅延防止に尽力して欲しい。謝るのはただだし、コストもかかりませんからね。

謝って済むなら安いもの、という考え方もありますが、将来大きなコスト増になって帰ってこないとも限らないので、そのへんは真面目に考えて欲しいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。