OneNoteがMacでも無料使用可能に、やっぱりMicrosoftは侮れないな!

MicrosoftのノートブックアプリOneNoteが、MacとiOS用に無料でリリースされた。しかも、Windows版も無料提供されるようになった。従来はOfficeアプリのひとつで有料だったのだが、メジャープラットフォーム3つで同時に無料で使えるようになったわけだ。

これってすごくね?なんだかんだでやっぱりMicrosoftは侮れないんだよ…。

Onenote_mac_01

ノートブックと言えばEvernoteを使っていたが、これからはOneNoteに移行しそうだ。個人的に挙げる理由は、以下の3つ。

  • OneDrive上に展開されるのでOneDrive(旧SkyDrive)との親和性がある。
  • ノートブック、セクション、ページと階層構造を持たせられるので管理しやすい。
  • ノート内の編集機能が充実している。

MacやiOSにはすでにSkyDriveアプリがリリースされているので、ストレージとしても同様に使える。

Appleの世界がMicrosoftに汚染されるよ、MicrosoftしたければWindowsを使えよ、という声も聞こえてきそうだ。だが実際は、Apple Storeの無料アプリTOP10には、Microsoftのアプリが3つも(OneNote, Keynote, SkyDrive)も入っているのだ(ソース:MicrosoftのOneNote、Macアプリストアのトップに躍り出る)。

これは、支持が多いことを表している。EvernoteもDropboxもGoogleもある中で、総合的な使い勝手の良さが評価されているのだろうか?

MacのApp Storeからインストールできる。この記事を書いている時点では、Editors Choiceにもなっているので、トップバナーにも現れる。インストールは何も考えなくていい。インストールが済むと、LaunchPad内に光り輝くアイコンが現れる(別にOneNoteの仕様ではなくてLaunchPadの仕様)。

Onenote_mac_02

起動すれば、いくつかのガイドのあとサインインすれば(サインイン画面がWindows 8 UIっぽいのはご愛敬)、デフォルトノートが作成される。すでにWindowsなどでノートを作っていれば、それが出るはず。

Onenote_mac_03

ノートは、けっこう表現力が高い。

Onenote_mac_04

できれば、Evernote側からノートを取り込んでみたい。Evernoteには、XMLかHTMLでノートをエクスポートする機能があるが、残念ながらOneNote側にインポートの機能がない。だがXMLというフォーマットである以上、何らかの方法はあるはずだ。

このへん、誰かが、何かを、やってくれることを期待したい(何という他力本願!)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。