MacBook Pro(2011 Early)もそろそろ年貢の納め時か…。

私はにわかMac信者である。2011年夏からの信者だ。それまでは窓信者だった。というか、それしか使っていなかった。しかし、2011年夏から、私のコンピュータライフは変わった。そう、MacBook Proが生活に入ってきてからだ。

そのMacBook Proが、ちょっとというか、かなりやばいことになっている。

Macbookpro_fan_01

風呂から上がってきたら、何やらバイクのエンジンを吹かすような音が響いている…。またバカがそのへんを走り回っているのか?まだ明るいのにと思って我がMacに目を向けると、どうやら音はそこからしているらしいかった。

そういえば、数日前からファンが震えるような音がしていたが…。まさかファンが!?しかし、この音はファンが回ろうとして回れずに震えている、そんな音にしか聞こえなかった。

コレは、以前からあった異音と関係があるのだろうか。その異音とは、ボコッ、ボコッ、というような音でファンとは無関係のような気がしたが、どこかで関係していたのだろうか?

どのみち、ボコッ問題を解決するためにこの週末は裏蓋を開けようと思っていたので、開けてみた。ホコリがたくさんだ。サザエさんを見ながら掃除機でホコリを除去。ちなみにこの掃除機は、近くにオープンしたケー○デンキで購入してきたものだ。今まで使っていたものはブラシはもはや回転せず、ほかにもいろいろぼろぼろで、ようやく購入されたものだ。

波平さんの声はどうなったのだろうか?というようなことを考えながら、裏蓋のないままに電源を投入。ちなみにMacBook Proにはファンが2個ある。Right, Leftと称された2つのファンのうち、Rightが回転しない。いや、回転するのだが、止まったり、逆回転したりと、とにかく安定しない。ホコリは除去したので、これはファンそのものの問題のようだ。

コレは修理しかあるまい。だが、その間の仕事はどうする?職場のPCは死んでいるのだぞ。しかも替わりに使おうとしているPCのオーナーは、退職処理がうまくいかずにまだ出てくるというのだ。困った。公私ともにアウトになりそうだ。

そこへ、「四の五の言わずに新しいの買えば?」という神の声が。う〜ん、その選択肢があったか。そういえば、2013年は大型の買い物がなかったな。増税前に買っておくのはよいかも知れない。勝間和代も、ノートPCには予備を持てと言っていたな。今がまさにそれを決行すべきときか。

よし買うぜ。新しいのを買って、そっちをメインにして、こっちは修理してサブだ。コレが理想のPCライフだ。ということで、次回は購入記を書いてみるぜ。乞うご期待かも知れないな。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。