Office 2013で文書を簡単に閉じられるようにしてみた。

いろいろ問題あり、と個人的に感じているOffice 2013。しかし、職場のPCにも入ってしまったので、公私ともにこいつを使っていくしかない。これまで使っていたOffice 2010に対して、何かが不便だと思っていたら、そう、文書をワンタッチで閉じることができないのだ。

Office 2010、たとえばExcel 2010にはこんな閉じるボタンがあって、一発で閉じられて便利だった。

office_2013_close_01

しか〜し。Excel 2013では、クラウドへのサインインアイコンなどが配置されたせいか、この閉じるボタンがなくなってしまったのだ。

office_2013_close_02

右上にある×では、アプリケーション自体が終了してしまう。文書を閉じるたびに、いちいちアプリケーションを起動してはいられない。そこで、閉じるときにはリボンを[ファイル]に切り替えて、そこにある「閉じる」メニューを選んでいたのだが、ワンアクション入るというのは、どうにもテンポが悪い。

そこで、クイックアクセスバーをカスタマイズして、そこに閉じるボタンを置いてしまおうと考えた。ウインドウの左上にいる、これね。

office_2013_close_03

右端にある下向きの小さな▼をクリックすると、カスタマイズできるようになる。ドロップダウンの中には目的の機能がないから、[その他のコマンド]をクリック。

office_2013_close_04

開いたダイアログボックスで、細かくカスタマイズできる。ちなみに[基本的なコマンド]にはないので、[すべてのコマンド]から探そう。そうか、閉じるというのは、基本的な機能ではないのか…。

「閉じる」には何種類かあるようなので、下の画面のように、マウスポインタを持っていたときに「ファイルタブ|閉じる」と出るのが正しいコマンドだ。右の欄に追加し、OKでカスタマイズ終了。

office_2013_close_05

クイックアクセスバーに、オレンジ色のフォルダアイコンが現れる。以降は、このボタンをクリックすれば、文書は一発で閉じられるようになる。

office_2013_close_06

いやいや、これでストレス激減だね。アプリをいちいち閉じなくていいし、よけいなアクションもいらない。使わざるを得ないのだから、この調子でOffice 2013の使い勝手を上げていきたいと思っている。

Word 2013, PowerPoint 2013でも同様にできるのでさっそくやってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする