Time Capsuleへのバックアップができないときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Time Capsuleは、Mac使いにはこの上なく便利なデバイスだ。ただし、きちんと動いていれば、だが。ときどきTime Capsuleへのバックアップに失敗していることがあるので、理由が気になっていた。このとき、普通にFinderから接続しようとしても、たいていはできない。もちろん、AirMacユーティリティでもコントロールできないので、仕方なく電源を再投入する羽目になる。

電源を再投入すれば、問題なくバックアップできるようになる。何でだろう?

time_machine_04

あるとき気付いたのだ。Time Capsule側のファイルやフォルダのタイムスタンプがおかしいことに。2040年とかになっている。これっておかしくね?と思ってググってみたら、どうもTime Capsuleが参照するタイムサーバ(NTPサーバ)であるtime.apple.comがおかしいらしい。

デフォルト設定でうまくいかないということは世界中でトラブりそうなものだが、実際はそうでもないのを見ると、やっぱりひょんな拍子におかしくなることがあるのだろう。

これは怪しいと思い、ググって見つけたサイトの情報をさらに追うと、Time Capsuleに設定されているNTPサーバを、time.apple.comというワールドワイドなものから、time.asia.apple.comといったアジアローカルなもの、さらにはntp.nict.jpのような国内のNTPサーバを使うように変更してみればいいようだ。

変更の結果、とりあえずうまく動いている。ただ、変更はAirMacユーティリティではできなかった。いや正確には、MacのAirMacユーティリティではできなかったと言うべきか。このあたりはややこしいので、いずれ回を改めて…。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。