通勤のストレスは時間か、長さか?

職場が遠くなってもはや2ヶ月。延長した通勤経路にもいい加減慣れた。しかし、なんというかストレスが半端ない。そのストレスの素は、やはり人の多さと乗り換え時の時間だろうと思った。

かねてから思っていた、通勤経路の変更を実施してみた。その結果、意外と快適だということがわかった。乗り換え3回にもかかわらず、である。どうしてなんだろう、と考えた。

a0008_000881 写真:足成(なんだか御誂え向きだ)

  • 変更前。乗り換え1回。1時間20分。
  • 変更後。乗り換え3回。1時間10分。

普通に考えれば乗り換え回数が多い方が面倒だと思うが。しかも乗り換え回数が多くても時間は短い。

  • 変更前。遅延しまくり。どんどん混む車内。ろくに効かない空調。乗り換え時の人の多さ。
  • 変更後。さほど遅延なし。混む前に乗り換えてしまう。空調は適度に効いている。乗り換えにもさほど混雑しない。

運行が遅れない、車両があまり混雑しない、乗り換え時にもあまり混雑しない、というのがポイントのようだ。車内の蒸し蒸し感もないとさらによいようだ。

しかも、乗り換え回数が多い方は、工夫すれば2路線で座席に座れるのだ。これも大きい。乗り換え回数が多いのに時間が短くて、しかも半分は座れるとなると気分はぐっと楽になる。しかもあまり遅れないのだ。

そういえば、変更後は、降車駅ではホームの深度があまりないせいか、すぐに地上に出られるのも良い。心臓破りと呼ばれる階段を100段以上も登ると、さすがに疲れる。階段は登るのがモットーのブログ主も、朝から100段はきついのだ。

職場が遠くなったからと言って、簡単に職場は変えられない。なので、少しでも快適で楽になる方法を探すしかない。ということで、新しい経路を、しばらく試してみようと思っている。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。