お試しの紙コップ入りコーヒー、どこで飲む?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ブログ主の感覚は、つくずく世間からずれているなぁと感じる出来事だ。最寄駅のモールに入っているコーヒーがメインのセレクトショップ。いろんな種類のコーヒー豆をその場で挽いて売ってくれるほか、バラエティ豊かな内外の食料品や飲料が売り物のお店だ。ブログ主的には、そこでたまに安く出る生ハムやチーズがお気に入りだ。

コーヒーが売り物なので、店先で熱いミルクコーヒーを紙コップに入れてお試しとして出してくれる。受け取った人は、その紙コップ入りのコーヒーをちびちびやりながら、店内を物色する。お試しなので量はさほどではないが、ポットから注ぎたての熱いコーヒーなので、ブログ主的には店内に持ち込むのはちょっと憚れるのだ。

だがほとんどの人は、店内を自由に闊歩し、片手にコーヒー、片手に品物、という感じで楽しくショッピングに勤しむのだ。中には、ベビーカーを押す手でコーヒー、というママもいる。私などは、「あ!危ない!」とか思ってしまうのだが…。

少数派だが、そのまま外で飲んで、飲み終わったら備え付けのゴミ箱にカップをポイ、その足で買い物に入る、という人もいる。こっちはブログ主的にしっくりくるが、少数派だ。

まぁ確かに、好きなコーヒーを飲みながら買い物したら楽しいだろうし、ちょっとおしゃれな感じもするし、いいんじゃない?とは思うのだが、もし出会い頭に他人とぶつかったらどうしようとか、手が滑って床にぶちまけてしまったらどうしようとか考えたら、とてもじゃないけど怖くて店内には持ち込めない。

たかが紙コップのコーヒーで何を言っているの?と思われそうだが、そう思ってしまうから仕方ないのだ。同じく、電車やバスの中に飲み物や食べ物はとても持ち込めない。持ち込めても、飲んだりするまでには及ばない。なんでだろう?と考えたら、そこは本来飲み食いする場所じゃないから!という結論に落ち着いた。

なるほど、それならわかる。危ないからだとか、もっともらしい理由もあるが、「そうするべき場所でないところでそうする」ということに違和感があるから、踏み込めないのだろう。これに抵抗がない人は、どんな場所であろうとやりたいことをする、という感覚なのだろう。電車コスメがよい例だ。

なんとなく腑には落ちたが、おそらく今の世間様とはずれているんだろうなぁ。全員スマホや、下げたままバッグと同じように、妙な違和感を持つのはブログ主だけで、世間的にはごく普通の風景なのだろう。だが、このままだと違和感によるストレスでどうにかなりそうだ。自分が世間様の感覚に変わるしかないのだろうが、難しそうだ。う〜む。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ふうちゃん組 より:

    こんにちは!
    うちの近くにも珈琲を飲みながら、というお店がありますが、
    私も飲みながらというのはできないので、いただかないです。
    歩きながら飲み食べするのは、アイスやドリンクを野外で、
    また、お祭りのときならいいような気がしますが、
    基本的にやってはいけないことという気持ちが多くの人にはあるのではないでしょうか。
    なおさんだけではないと思います。
    店の中で飲食を禁止しているところが多いのに、いいといわれても、
    下着で街を歩くような、居心地の悪さがありますよね。

    • なおさん より:

      こんばんは、いつもありがとうございます。
      同じように考える人がいて、ホッとしました。
      危ないというのと、飲食する場所ではない、という二重の意味で違和感を感じるのでしょうね。
      万が一、商品にコーヒーをこぼしたり、ということもあり得るのですから、衣料品ではなくて食料品だからいい、ということではないと思います。
      商品に変わりはないのですからね。
      また、お客同士がぶつかって、という場合にもお客同士の問題でお店は無関係、というのならモヤっとしますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。