神代植物公園にツツジを見に行こう

明日(2日)から、5連休になるという人も多いだろうということで、オススメなのは東京都神代植物公園。確か、4日は無料開放日になるはず(通常なら大人500円)。たいした人出になりそうだが、今なら、ツツジ、ボタン、シャクナゲ、フジが見頃。今日は、なんとなくツツジをオススメしたい。

大温室は大規模改装工事中なので、お預け。

色とりどりのツツジ。きっちり刈り込まれていて、まさに「ツツジ山」と呼ぶのにふさわしい。園芸種が多いが、キリシマツツジ、ミツバツツジ、ヤマツツジなども見られる。

さて、ブログ主は写真を写真投稿サイトFlickrにアップしているのだが、見るのが日本語がわかる人だけではないので、英語での表記を基本にすることにした。が、神代植物公園は英語で表記すればどうなるのか?

正面入り口。Jindai Botanical Gardens.

バラ園付近。Jindai Botanical Park.

「公園」なんだから”Park”でいいんじゃね? と思う向きもあるが、ブログ主的には、”Gardens”の方が好きだ。「公園」というより「庭園」という感じだからね。

足を運ぶ際にはどっちでもいいと思うが、この2枚の写真を見て、どっちなんだろうと気になった次第。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする