神代植物公園に山野草を見に行こう

今日(4日)は、東京都神代植物公園の無料開放の日。予報では雨だとかいう話だったが、見事に予報は外れ(気象予報士、何をやっとる!)、風こそ強いが散策日和となった。

実際、どのような人出になったかはわからない。でも、5月のいい陽気の中、草木を愛でるのはこのうえない幸せだろうな、と思う。

ブログ主といえば、土曜のトレーニング、日曜の神代植物公園+深大寺の散策で足が疲れぎみ。今日こそはゆっくりと休もうと思っていたのだが…。

結局、好天に負けて、10年以上経過してついに製氷機が壊れた冷蔵庫のリプレースのための家電量販店巡り、車検以来洗っていない薄汚れた愛車を夫婦で洗車、しかもその足で家具屋を巡ってプチリフォーム計画の下見など、けっこう忙しい1日を送ってしまった。

しかも夕飯の支度(特製お好み焼き)までするとは、なんたる、なんたる…。

自分の不甲斐なさに呆れるばかりだ。明日こそはしっかり休むことにしよう。

今の神代植物公園は、山野草も見頃だ。でも一週間も変わると植物相もまったく違うので、すでに過去のものと思っていた方が良いかもね。

冒頭の写真は、ミヤマヨメナ。ヨメナといえばカントウヨメナが一般的だが、林の中に自生する、ちょっと大ぶりなのがミヤマヨメナ。

こういうのって、春に咲くキク科の白い花や黄色い花と言って十把一からげにすることが多いんだけど、やっぱりきちんと区別してほしい、と思うのであった。

記事にするまでもない写真は、Flickrにアップしているので、よかったら見に来てね。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。