13年超過自動車への重課税について思う

税金は上がるが、買い替えるよりはるかにマシ!なので、現時点では買い替えないという選択肢だ。

odessey_meter_01

何の話かって? うん、自動車税の話。なんでも、今年の自動車税(来年5月支払い)から、登録後13年を超過する車両については15%の重課税となるそうな。

こんなことを知っていたさ、10%上がるんでしょ? ディーラーにもさんざん脅されていたしね。え?15%? まだ上がるの?

そうなんです、まだ上がるんです。

え、それってひどくない?

あちらの大義名分は、「環境」だと思っているけど。

単純に年数で切って、走行距離は関係ないとか。13年も超過したクルマが環境に悪いというなら、まったく走っていないクルマと毎日走っているクルマを同列に捉えるのはおかしい。

おそらくは、買い替えを推進しようということだろうが、どっちが環境に悪いんだか。まだまだ走るクルマを手放せば、当然、廃棄車両が出てくる。廃車にすればゴミが出る。ゴミが出ないのと出るのとどっちがいいかといえば、出ないほうがいい。

壊れてしまって走れないならともかく、走れるなら、そのまま乗り続けるほうが、トータルでは絶対に環境に良い。新車を一台製造することの環境への影響を考えてみたらいい。

エコカーは環境にいいんですよ♩という人は、そのクルマや電気が魔法でポンと出てくるとでも思っているのだろうか? このへんはトータルでは検証されているのだろうか?

我が家も、もはや11年超過。13年を機に、クルマを買い替えようかという話になった。しか〜しだ。真面目に計算してみれば、そこそこのグレードの新車を買えば、200万から300万はかかる。ローンを組んで買うとすれば、5年ローンで年に40〜60万の出費。これに金利が乗る。

年間60万のお金があれば、別のことに使いたい…。そこまでお金を払って買い換えるほどの魅力は、少なくとも今のクルマにはさほどない。EV, PHV, HV, …いずれでも然りだ。今乗っているクルマは素晴らしく良くできている。買い換えたら、なんかガッカリ…ということになってもイヤだ。

ということで、重課税にして買い替え推進、というのは期待外れに終わるのではないかな?

それにしても、クルマはえらくお金がかかる。税金だけとって見てもその体系は複雑だ。わざわざ複雑にして、全体像をとらえにくくしているとしか思えない。これを機に、簡単にまとめてみた(自家用・普通車・ガソリン車の場合)。

  • 購入時:自動車取得税、自賠責保険料、自動車任意保険料、消費税
  • 車検時:車検費用、自動車重量税、自賠責保険料
    (初回は3年、以降は2年毎)
  • 年次:自動車税、12ヶ月法定点検費用、自動車任意保険料
  • ランニング:揮発油税、消費税
  • この他:駐車場代など

なんかすごいな。家を持っていたって、ここまでやられないような気がする。ガソリン(揮発油)に至っては二重課税だ。

もういいよ、こんなにお金がかかるんなら思い切って手放して、必要なときだけレンタカーでいいんじゃないかな?

ちなみに、この重課税についての反対キャンペーンを張っているサイトを見つけた。ブログ主は、事の顛末を見たい気もするのであえて賛同の票は投じないが、「許せん!」と思う人はぜひ賛同の票を投じたらいかがだろうか?

キャンペーン · 総務省総務大臣: 自動車税の重課税分〔13年超車両への増税分〕の廃止・恒久化禁止 · Change.org

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする