やっぱりカメラにはソフトケースとレンズプロテクター

ますます期待の高まるニコンCOOLPIX P900。予備のバッテリーと充電器は調達した(投稿:ニコンCOOLPIX P900に予備のバッテリーを調達。ついでに充電器も)。さらに言えば、カメラにはレンズプロテクター、そしてソフトケースが必要だろう。

ということで、安くはないが購入した。コンデジでも、レンズプロテクターを着けられるのだ。ならば、さっそく着けてみよう。さらに、持ち運びの際にはやっぱりケースがあった方がよい。ホコリを防いだり、傷が付いたりするのを防げる。

ソフトケースは純正品CF-DC7をチョイス。やっぱ、「Nikon」のロゴがあった方が何となくカッコイイし。CF-DC7は、P900のほか、一眼レフ機の一部でも使えるモデル。使わないときはコンパクトに折りたためるので(あまり)じゃまにならない。「Nikon」のロゴ入りのコンデジと「EOS DIGITAL」のロゴ入りストラップの一眼レフを両持ちするのが、これからの(ブログ主的な)トレンドだな。

nikon_bag_01 nikon_bag_02 nikon_bag_03

プロテクターは、いちおう本体にもそれらしきものが着いているので、わざわざ着けなくてもいいような気がするが、やはり本体とは別に交換可能なものでガードするという発想でいった方がよいと思う。安くはないけど。

ケンコーとかマルミ光機とか、ハクバとか、レンズプロテクターのメーカーはいろいろあるけど、今回はケンコーMC PROTECTOR NEO 67mmにした。ちなみに、プロテクターが装着できるということは、フィルターも装着できるということだ。コンデジだが、一眼的に楽しめるというのも、P900のようなハイエンドコンデジのメリットだろう。

kenko_protector_67_01 kenko_protector_67_02

ということで、ますますP900の持ち出しが楽しみになってきた。

Nikon セミソフトケースCFDC7

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 67mm レンズ保護用 726709

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする