宮崎「辛辛麺」に期待大!でもその結末は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

miyazaki_karakaramen_01

長い梅雨空が続くな!こんな日は気分も高ぶらないので、ここは辛いものでも食べて気分だけでもホットになるぜ!

ということで、今日は「宮崎辛辛麺」を試してみることにした。このシリーズは、以前に宮崎辛麺で試している。今回は、その上を行こうというわけだ。

そういえば、以前に「辛麺」を食べた時の投稿があった。そうか、このときは、ほどよい辛さだったんだな。さらなる辛さを求めて、その上にチャレンジしてみるのであった。どれほどの辛さか、気になるな!

[辛いもの探検隊]「宮崎辛麺」はほどよい辛さで楽しめる!

裏面には、すごい細かく製法などが記載されているぞ。そこには、具にはひき肉がおすすめ、仕上げには卵が有効とある。ブログ主的にも、これはおすすめしたい。で、すでに用意しておいた「ひき肉+玉ねぎを炒めたもの」と、最後の1個の卵をキープした。

miyazaki_karakaramen_02

辛さは三種類。今回のは、「辛辛」だ。ちなみに当社基準。探検隊的には、どうなのだろうか?「無辛」はありえないな。

miyazaki_karakaramen_03

中身は、ごく普通の油揚げ麺と、乾燥ニラ、そしてスープ。う〜ん、質素!

miyazaki_karakaramen_04

溶き卵が推奨されていたので、準備しておいた。最後の1個なので、あとでなぶられなければよいが…。

miyazaki_karakaramen_05

ひき肉もしっかり入れて、2分間と半分、煮込む。案外と煮込み時間は、短めだね。

miyazaki_karakaramen_06

火を止めて乾燥ニラとスープを投入。レシピどおりだとお湯の量が多いように感じるが、最終的にはそうでもない。あ〜でもこの雰囲気は辛さを感じさせる予感。

miyazaki_karakaramen_07

再び点火。卵をかけ回すように入れて、出来上がり。

miyazaki_karakaramen_08

見た目に美味しそうに見えないけど、美味しいですよ。

miyazaki_karakaramen_09

さて期待の辛味といえば、

恐れるほどではなし!

である。梅雨空で気温が低いこともあるが、麺をすすっているあたりには、汗の一滴もなし。でも、ひき肉入り、卵入り、というスープを目の前に、ご飯を投入しないのは、もはや日本人ではない。

そこでご飯投入。ご飯をかっこむ。そうすると、なぜか汗が吹き出てくる。麺では出ず、ご飯で出るとは? たんなる時間経過か、それともご飯の効用か。

いずれにしろ、この手の辛いものでは、ご飯は欠かせない、と思った次第であった。

辛さ度:★★★☆☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。