電気炊飯ジャーはやっぱり値段がモノを言うみたいだ

ご飯

こんばんは、エンジニャー的編集者こと、なおさんです。こう暑いと食欲も減退しますね…。と言いたいけど、そうならないのが悔しい。なんだか飲み食いする量が増えたようで、お腹のぽっこり具合が気になってきました。水分を摂らないわけにはいかないし、摂ればだぶつくしで、難しいところです。

食欲がらみですが、このたび我が家では電気炊飯ジャーを買い換えました、というお話。基本、食事はおうちでという我が家、炊飯ジャーの消耗が激しく、最近、どうもご飯が美味しく炊けなくなってきてしまいました(臭いも気になる)。ご飯にはこだわりのある我が家、今度は少しよいものにしようね!ということで見てきましたが…。

ちなみにこれまで使っていたのはIH炊飯ジャーという、普通のもの。ご飯にこだわりがあると言いながら、なぜか圧力釜タイプでもないものを買ってしまったのは痛恨のミス。でも買ってしまったものは仕方ない。壊れるまで使おう!ということで今回、圧力IHに戻した、というのが正しいです。

メーカーも変えようということで、選んだのは日立のもの。東⚪︎は、時節がら避けなければなりませんね。やっぱあれは粉⚪︎でしょう、どこもはっきり書きませんけどね。上場廃止になったら、影響が大きすぎますものね。

閑話休題。

で、インフラ系で絶好調の日立の勢いを、炊飯ジャーにも期待しようというわけです。結論から言いますと、大正解!10合釜(我が家は食べざかり男子がいるので、これくらいは必要)で3万円を切った値段で、圧力IH+スチームというものです。

このスチームはなかなかよいのです。なにしろ、前日に炊いたご飯が、翌朝でも炊きたてのように美味しい!のです。スチームが、炊飯時のみに有効なのか、保温時にも有効なのかはよくわからないのですが、宵越しのご飯が美味しいのはとてもありがたいのです。

さすがに、5万円以上する、釜に凝ったタイプまでは張り込めませんが、機能的に凝ったものは、基本的にハズレがないようで、ご飯好きならこのへんをボトムとしておきたいな、と思った次第です。

TPPで加州米などが入ってきても、美味しい国産米にこだわるぞ!でもカレーやパエリアはやっぱり長米種ですね。適材適所でいきましょうとも。

日立 IH ジャー炊飯器 蒸気カット 極上炊き 圧力&スチーム 1升 パールホワイト RZ-VV180M W

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする