ヨコハマタイヤBluEarth RV-02は意外なエコタイヤだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

bluearth_rv_02_02

愛車オデッセイのタイヤを、ヨコハマタイヤのBluEath RV-02に履き替えました。と書くと自発的に見えますが、実はディーラー任せで履き替えたのを、確認しただけなんですよね。よく考えたら、ほとんど何も要望を出さずに、タイヤを替えておいて!としていたのがおかしい、ですよね。

でも、これまで履いていたのと同じようなもの、と最低限の要望は出していましたので、大きく外れるものではないはず、と信じています。

で、新品のタイヤとご対面。う〜ん、赤や黄色のペイントが初々しいですね。ピカピカのタイヤ、心なしかホイールもピカピカのような気がします。って、点検に出した際にディーラーの人がピカピカにしてくれたんですよね、ありがとうございます。

履いているタイヤのことを何も知らないというのも、タイヤメーカーの方に申し訳ないということで、改めて確認してみました。今まで履いていたタイヤのことは知らなかったくせに、というツッコミはアリ。どんどん突っ込んでください。

BluEarth RV-02。ネーミングが、どっかのディスク規格に似ているような気がするというのは気のせいなので気にしないように。字面から、エコッぽい雰囲気ですが、燃費に良い!というのが基本のようです。

タイヤ:BluEarth RV-02 – ヨコハマタイヤ [YOKOHAMA TIRE]

ミニバンに最適ということで、制動距離が短くなったり、静音性能が高くなったり、走行安定性が増したりと、いいとこづくめのタイヤのようです。オデッセイはそもそも重心が低いというのがポイントなので、実際に走らせてみると、あの貼りつくような走りが強化されたような気がします。

また、走行音も低い周波数の音が軽減されたような気がします。高めの音は、けっこう残っているような気もしますが、以前に比べれば十分許容範囲ですよね。

制動距離だけは、実際に測ってみるというわけにもいかないので、わかりません。いずれ、雨の日に、フルブレーキングするはめにでもなればわかるでしょう。でも、そんなときが来てほしくはないですね。ABSとかエアバッグの効果と一緒ですね。

ということで、ナイスフィーリングがなタイヤなので、お出かけが楽しくなりそうです。

最後に!ヨコハマタイヤと横浜ゴムを混用していました。すいません!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。