Amazon Kindle Fireタブレットに事故補償プランを付けてみた。

amazon_kindle_01

こんばんは、エンジニャー的編集者こと、なおさんです。AmazonのKindle Fireタブレット(7インチ、16GB)をAmazonプライム特典の割引で購入してしまったのが昨日。

Amazon Kindle Fireタブレット16GBを衝動買いしてしまった!

このとき、事故補償プランも申し込んだのです。持ち歩きこそしませんが、お風呂で使うことを考えると、水濡れ補償があった方が、万が一のときに安心だと思ったのです。

この補償プログラム、落下、水濡れの他に、バッテリーの不具合にも対応しています。そして、1年、2年、3年のプランがあり、それぞれ補償料が違います。

  • 1年…1,480円(1,480円/年)
  • 2年…1,880円(940円/年)
  • 3年…2,480円(826円/年)

もちろん、故意に破壊した場合などは補償の対象外です。あくまでも、普通に使っていて落としてしまった、水に濡れてしまったなどという偶発的な事故が対象です。

補償対象と認められると、代替品が送られてきて、故障した品物は送料無料で送るという仕組みです。ただし、1回のみなので注意が必要です。

この手の補償は必要なのか?といつも悩みます。また、そもそも安価な端末に、補償料を乗せることのパフォーマンスも少々疑問です。多くの損害保険と同じで、何も起きなければムダなお金になりますが、何かあれば最低限の料金で代替品が手に入るので、Amazonプライム特典で保険が付いてきたと思えばいいかもしれません。

個人的には、このレビューが参考になりました。

http://www.amazon.co.jp/review/R3DLYT6HUOFVJX/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=B013179D3I&channel=detail-glance&nodeID=2250738051&store=fiona-hardware-acc

保険があるからと扱いは雑ではいけませんね。大事に使いたいと思います。

Fire用 事故保証プラン (3年・落下・水濡れ等の保証付き)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。