キャッシュアウト削減計画:使っていない高級クレジットカードを退会する

diners_card_01

故あって、家計からのキャッシュアウトの削減に取り組んでいます。生活する上でだぶついていた出費、そういうのを見直そうというわけですね。今日は、高級クレジットカードの退会です。若い身空、見栄を張って高級クレジットカードのひとつ、Dカードに入会しました。

このカード、年会費を22,000円取ります。その反面、空港やホテルでさまざまな特典を受けられるので、旅行や出張の多い人には、相応のメリットがあります。

が!出張もない、旅行するヒマもない私には、そんなメリットありません。入会したらいいけど、惰性で何となくここまで来てしまいましたが、さすがにムダなので、退会することにしました。

サラバ!Dカード。退会したら二度とは入れないだろうけど、悔い無し。

年会費22,000円に加えて、いつの間にか入っていた保険(最初は死亡保障付きの医療保険のようなものだったが、あとで交通事故の保険に転換された)も大きかったです。月額2,750円とは言え、年にすれば32,800円。双方あわせて54,800円です。これは大きい。

然るべき生命保険に加入し、自動車保険も適切なオプションでかけている自分には、重複の大きな保険でした。なのであっさりカット。

しかも、言われるがままに某医師団に月額で寄付していましたが、これが年間18,000円。寄附金控除を受けられるので、丸ごと出費というわけではないですが、それでも大きいです。都合、72,800円。これが、Dカードに関連する年間の出費。

ちなみに、ほとんど決裁には使用しないようになっていましたので、本当に、ムダでした。トホホ。

更新は6月ごろなので、4月に退会を伝える旨電話。案の定、退会を止められます。しかし、退会する意志を強く主張すると(抜けるも抜けないもこっちの都合なのにおかしな話ですが)、向こうも折れて、せめて更新前(会費がかかる寸前)まで残ってくれないかという説得をされました。

そういえば、ポイントが7万以上も貯まっていたので、さすがにこれを捨てるのも忍びなく、これを使い切ってから退会ということにしました(退会処理は即時実行なので、そのままポイントも失効する)。更新月である6月の1~15日に退会すれば、年会費も新たにかからずに退会できるということで、その間にポイントを特典に交換(熊本地震のために某医師団にそっくり寄付してしまいましたが。クス)、改めて電話してめでたく退会となりました。

ネットで調べたら、年会費を半額にする提案とかされたというのも目にしましたが、そんなことはなかったですね。さすがに、会員の押し次第で会費が変わるなんてことはないでしょう。多分。

ということで、何となくスッキリしました。年間のキャッシュアウトが7万円以上削減されたわけです。

ちなみに、某医師団への寄付は、クレジットカードを変更して継続します。ただし金額は下げますけど。ポイント寄付した金額がけっこう大きいのでいいよね?

キャッシュアウト削減計画、まだまだ行ってみますぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。