iPhone 8を購入しました。そこで開封の儀。

iPhone 8を購入、iPhone 6(37か月使用)から乗り換えました。理由は以下のとおり。

  • iPhone 6のバッテリーがヤバイ。切れるのも早く、充電にも時間がかかる。発熱も大きくなってきたような気が。
  • iOS 11にしたらもっさり遅い。INGRESSなどが起動だけでやたら時間がかかるし動きもギクシャク。
  • 散々落としたせいか傷だらけでボリュームボタンが元に戻らないときも。

せっかくだからiPhone Xにしないの? という声については以下のとおり。

  • Xの発売を待っていられない。
  • Xはやっぱ高い。
  • 解禁日に予約しても延々と待たされる可能性がある。
  • 新技術目白押しなので楽しみとともに動作には不安。
  • やっぱり大きい。

実は、iPhone 7でもいいんじゃね?と思っていました。しかしiPhone 8にしました。理由は以下のとおり。

  • 在庫に気に入る色がなかった。
  • 256GBモデルしかなかった。
  • iPhone 8と購入価格が1万円チョイしか違わなかった。

ということでiPhone 8なのですが、Plusにしなかった理由は以下のとおり。

  • 大きい。
  • 重い。

無印とPlusの違いは、大きさを除けばカメラ性能とバッテリーの大きさだけなので、大きいのがダメなら対象からそもそも外れてしまうわけです。この点は大いに迷いましたが、iPhone 5からiPhone 6になったときに、かなり大きくなったなという印象だったので、もっと大きく重くなるのは避けようと思った次第です。しかし、あのカメラは魅力的です。

ということでドコモオンラインショップで購入。Apple Storeで購入すれば、どの機種でもどのカラーでも揃うんじゃないの?と思いましたが、結果的に通信料金を含めた支払総額は変わらなさそうでしたので、面倒のないキャリアのショップにしました。

iPhone 8の256GBタイプ、色はスペースグレイです。やっぱり、表面がチャラい白よりは、ブラックの方がカッコよいです。表面ブラックとなると、スペースグレイしか選択肢がありません。iPhone 6はスペースグレイでしたので、違和感はありません。

予約注文となりましたが、すぐに入荷、すぐに到着しました。トータル4日くらいですかね。

ということで、到着後すぐに梱包を解き、内容物確認の儀。外箱は、さすがAppleという質感の高いものです。

フタを開けますと、iPhone 8本体に簡単な説明書、ヘッドフォン(EarPod)、ACアダプタが見えます。

ヘッドフォンをどかしてみます。そこにはLightningケーブルが。このケーブル、すぐにへたるので数が増えるのはありがたいです。ACアダプタは、結構余っています(iPhone 6のときのものが手つかず)。

Earpodは、音がなかなかいいのですが音漏れするので、電車などでの移動中には使えません。また、簡単に耳から外れるので、運動中も使えません。なので、箱に入ったままです(iPhone 6のときのものが手つかず)。

iPhone 7からヘッドフォン端子が省略され、替わりにステレオスピーカになりました。ヘッドフォンを使いたければ、付属のLightning―ステレオミニジャックの変換ケーブルを使います。ただ手持ちのヘッドフォンが黒なので、カラーの相性は悪いですねえ。そろそろ、Bluetoothヘッドフォン(AirPod)の出番でしょうか。

さて、このあとに液晶保護フィルム貼り、ケースの装着、旧機種からの移行となるのですが、これは次回にて。案の定トラブりましたので、乞うご期待(?)です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする