iPhone 8に選んだ液晶保護フィルムとケース

iPhone 8を購入しました。

iPhone 8を購入しました。そこで開封の儀。

素のままiPhoneを使い続けるのは経験上危ないので、液晶保護フィルムとケースを装着しました。十分な高度を持つiPhoneの液晶ですが、使用感なども考慮して貼った方がいいというのがiPhone 6のときの結論です。

iPhoneには(やっぱり)液晶保護フィルムがあった方がいい

また、ケースは必須です。iPhone 8になり裏面もガラスになりましたが、形状的にポロリといきやすいからです。指に引っ掛けるストラップもほしいところです。

iPhone 6にはケースは必須、液晶保護フィルムはなくてもいいかも?

ケースは、iPhone 6のときと同じTUNEWEARのものがよかったのですが、同じような品物がiPhone 7/8にはないので、別のものを見繕いました。今はクリアケースが主流なんですね。デザインがよいのがiPhoneですから、これを隠してしまうのはもったいない!と確かに思います。

Jenuos iPhone 8 ケース/ iPhone 7 ケース, シリコン クリア ストラップ 耐衝撃 アイフォン 8 / 7 カバー

このケース、非常にシンプルな包装で、中身はケースだけ(!)です。必要もないのでしょうが、何の説明もありません。

これで999円です。高いのか安いのか…。ちなみに硬化プラスティックのように見えますが、柔軟性のある作りです。ストラップ用の穴もありますから安心です。

順序が逆になりますが、液晶保護フィルムの方は、最近流行りのガラスです。499円と、この手の商品にしては安いです。

iPhone 8 専用設計 ガラスフィルム 液晶保護フィルム 4.7インチ用 フィルム 0.33mm 【3D Touch対応 / 硬度9H / 気泡防止】

それにしても目を惹くパッケージングですね。というか、いつから硬化ガラスというものが登場したのでしょうか? 「日本製素材」とあるとおりAGC(旭硝子)製です。品質は折り紙付き(?)なのかなぁ。

やたら「JAPAN」と強調されると胡散臭くも感じるものですが、ここは信用するにしましょう。汚れ取りのクロスと、ホコリ取りのシールが付属しています。新品のiPhone 8のフィルムを剥がしてすぐに貼り付けたので、汚れ取りもホコリ取りも不要でした。ただし、貼り付けたあとには気泡がどうしても残りますので、クロスでチョイチョイしてやって消していきます。

ガラスだけあって、クリア感はさすがですね。しかも、ガラスにありがちな指が引っ掛かる感じもありません。以前がノングレアタイプだったので映り込みが気になりますが、まずは使い続けてみましょう。

さて、外見的な準備が整いましたので、いよいよ移行です。しかしこれがスムーズに行かないのですよね。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。