【道の駅】ちちぶ(埼玉県秩父市)

埼玉県秩父市の道の駅、道の駅ちちぶ。まぁ自治体の名前そのままという感じですが、国道299号と国道140号が交差する交通の要所と言えるあたりにあり、いつも混雑しています。

秩父と言えば武甲山。道の駅からもバッチリ見えます。それにしても、何とも特徴的な形状をした山であります。千葉県南部の鋸山にも通じるものが!?

ここは、いつ行っても混んでいる感じです。主要な国道が交差するあたりにあるので当然ですが、やはりいろいろなものがバランスよくあるからではないでしょうか?妙にメルヘンチックな建物に、ノスタルジックな佇まいが郷愁を誘います。

道の駅といえば、地元の美味しいものを食べさせてくれるレストラン。ここは「秩父食堂」。何ともストレートなネーミングが何とも言えません。テツを刺激するような表示器も。

秩父と言えば、「わらじカツ」と「味噌漬け豚肉」と「蕎麦」。6月に赴いた際は、そのすべてを味わってみました。蕎麦は、冷やしすぎ?というくらい冷たく。でも秩父の蕎麦なら、挽きぐるみでもっと濃厚でもよかったかな、と。

わらじカツも豚肉もアツアツで美味しいです。しかし、カツにかかっていたタレの甘いこと!この甘いタレがご飯にもまんべんなくしみ込んでいて、さすがにつらい!カツだけにかかっていればいいのにと、身勝手なことを考えたのでした。

店内には、何かのアニメと思われるキャラが存在感を主張しています。私には詳しくはわかりませんが、こういうので地元が盛り上がるのはよいことですね。

そうそう、秩父のB級グルメに「みそポテト」がありますが、このマスコットが「ポテくまくん」です。11月に訪問した際には、何と本人に出くわしてしまいました。おともがいないと歩けないを従えて、さすがに貫禄を感じますね。ちなみに、ポテくまくんの尻尾のタレは、秩父市の形なんですよ、知ってました?

秩父には、いいところがたくさんあります。秩父神社に、札所めぐり。ブログ主の小学生時代の友人がいるところでもあるので、しょっちゅう訪れたいな、と思っております。機会があれば、ぜひ!

道の駅:ちちぶ(http://www.michinoeki-network.jp./
訪問時期:6月・11月
偏見による評価:★★★☆☆